‘TMI’もよく聞き入れるジン・ジュンハン俳優

CeuJHsB_o

‘鵲を’ ‘ドド’ ‘ツンデレ’ ‘チァドナム’.俳優ジュ・ウジェに会う前それに対して持っていたイメージだ。ドラマ ‘最高のチキン’から芸能プログラム ‘恋愛のせっかい’まで。嫌いならば “嫌いだ” 良ければ “良い”ときっぱり言う、直説的でちょっと気難しいような彼の無表情な顔が浮び上がったからだ。そうだからジュ・ウジェ来訪インタビューがつかまるやいなや手に汗を握って “なにとぞ、今日ジュ・ウジェさんのコンディションが良くしてください”と祈ったことは仕方ないことだった。一時間の間インタビューに一名 ‘長芋’が浮かぶとかしたら、ジュ・ウジェと一対一で残っている(関係者も一緒にするが) インタビュー室でその沈黙をどう耐えなければならないかは想像もしたくなかった。いよいよ去る14日、ソウル麻浦区上岩洞社屋で会ったジュ・ウジェは編集局に立ち入るやいなや渡した丁寧な90度あいさつにこういった先入観をつけた番(回)に飛ばしてしまった。”他人に避けてくれることが一番嫌です。他人に邪魔が行くカブァ携帯電話もマナーモードモードでしてみたことがただ一番(回)もないです。ただ無音だけで設定しておいてください”と言った彼は ‘最高のチキン’で引き受けたアンド類川キャラクターと全く違う姿で雰囲気を楽にさせた。’最高のチキン’はチキン屋運営が夢である大企業社員とお爺さんから受け継いだ風呂場に隠遁するウェブトゥーン作家志望生立ってみて(キム・ソヘの方)の成長ストーリーを描いたドラマ。劇の中でジュ・ウジェはひととき嘱望されるレストランスシェプだったが予想する事が出来ない事故で両手に深刻な手橈症を得て一瞬にしてホームレスに転落したアンド類川で悔しかった。ジュ・ウジェは “エンドリュガングは頭に来ればそのまま表に表現して張り上げる眼下無人スタイルじゃないでしょうか。そんな点で元々の私の性格と非常に違うのにキャラクター理解にたくさん力を注ぎました”と説明した。そんな彼なので、まるでMBC ドラマ ‘パスタ'(2010) の中シェフイ・ソンギュンのように ‘かっと’の終結者だったアンド類川を演技するのに困難もあったはず。ここにジュ・ウジェは “先立ってインタビューで記者様たちがチェ・ヒョンソクシェフやペク・ジョンウォンシェフを言及してくださったが、私は特別に参考したキャラクターはなかったです”と言いながら “まだ延期を始めてからいくばくもなくてドラマが初めてだから、延期自体を勉強するのにもっと多い時間をこぼして演習に夢中になりました”と告白した。こんなに “アンド類川と実際性格は確かに違う”と強調したジュ・ウジェだが、KBS joy ‘恋愛のせっかい’ の中視聴者たちの事情に代わり ‘烈夫を’を出す彼の姿ともこれといった違わなく見えられた。もう多くのオンラインコミュニティには ‘恋愛のせっかい’ の中ジュ・ウジェが理解することができない事情主人公の行動にシナリオを裂いたり机に伏せて相談をあきらめるなど見えた姿が編集されて歩き回って ‘なかだ反応’で呼応を得ているところだった。ここにジュ・ウジェは “まるで ‘人類愛’が消えるような事情を見て怒るのは当たり前なのであるだけだ”とし “元々性格は絶対そうではないから誤解がなかったらと思う”と解き明かした。引き続き彼は “人類愛という単語はクァク・ジョンウンお姉さんが知らせてくれた。私と一緒に事情者代りに怒ってくれたり共感してくれていたよ”と付け加えた。次回作で封切り予定である映画 ‘ゴルカブス’ 撮影まで終えたジュ・ウジェ。まだ本格的な広報もしない映画だからもう12月に ‘ゴルカブス’ 撮影を終えたという彼の言葉を終りにインタビュー質問は枯渇し始めた。長くなる沈黙にジュ・ウジェは時々窓の外を見て “フムフム” 通りであり首を整えた。以後関係者から分かるようになった事実だが、ジュ・ウジェは ‘最高のチキン’ 終映後引続いたインタビューに声がかれる位に熱心に日程を消化したと言う。結局先に沈黙を堪えることができなかった記者が ‘TMI'(Too much informatio.敢えて言わなくても良い過限情報)を濫発して “私もペットの犬を育てますが、私はペットの犬幼稚園を登録するんです” “と、私はアイドルインタビューしかしなくて今すごくぎこちないです。ハハ!””‘恋愛のせっかい’ 以外に出たい芸能プロありますか?tvN ‘驚くべきな土曜日’ですよ?それでは歌が好きですか?”等々質問を浴びせた。しかしこんな脈絡ない質問攻勢にもジュ・ウジェは荒てないで熱心にあいづちを打つ熱意を見せた。事毎無情そうに終始一貫感情をあらわさない顔を持った彼だが、本音は誰より暖かくて思いやり心あふれた性格お陰に無事にインタビューを終えてノート・パソコンを覆うことができた。見送る瞬間剥くのも “記者様!今日本当に印象深かったです!”と叫んで、ダッヒョがはエレベーター門の間で二つの拳をむっと握って叫んだ彼のクッインサが相変らずありありと浮び上がる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745833.htm, 2019/02/19 05:00:04]