ソ・ガッブスク ‘性経験話’ エッセイ ‘関心’…当時波長見たら

axxmMsB_o

俳優ソ・ガッブスクのエッセイが前夫である歌手兼俳優ノ・ヨングックの言及で視線を集めている。ノ・ヨングックは19日KBS1 ‘朝庭先’ 火曜招待席に出演して前奥さんソ・ガッブスクが発刊したエッセイのため離婚するようになったというルーマーに対して “彼が本を賭の前に離婚した”と誤解を直してソ・ガッブスクのエッセイを言及した。ソ・ガッブスクは去る1999年しも関する自転的エッセイ ‘私もたまにはポルノグラフィーの主人公になりたい’という本を発刊した。性経験話と具体的な性描写でエッセイを構えたし、当時世間に大きい波長を起こした。エッセイ出刊以後ソ・ガッブスクは出演していたドラマで下車しなければならなかった。以後記者会見を開いたソ・ガッブスクは “抑圧されて暗い所に隠されている性を明るい所で話したかった”と “私の本が似ている愛をしていて、またしようとする人々に役に立って一緒に分けることができるように願う”と明らかにした。しかし韓国刊行物倫理委員会はこのエッセイを青少年有害図書で判定して検察は淫乱性可否を察した。去る1982年MBC 15期公採タレントにデビューしたソ・ガッブスクはデビュー超 ‘ベスト劇場’ など一幕物で個性が溢れるイメージで注目を引いた。映画 ‘霧柱’ ‘ウムックベミの愛’ ‘レーテの恋歌’ ‘ピンク’ ‘影食べる個’ ‘アメリカタウン’ などは勿論、ドラマ ‘明日は愛’ ‘ソウルトッベギ’ ‘張緑水’ ‘学校2’ ‘愛する銀洞よ’ などで活躍した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745957.htm, 2019/02/20 00:00:04]