ブラシへの胸のときめき・リーダーの重さ…ユン・ジソンの約束 ‘であるもっとレーン'(映像)

hbORQsB_o

ひとりにも上手だった。心強いワーナー院のリーダーユン・ジソンが感性的なソロバルラドに帰って来た。ユン・ジソンは20日午後4時ソウル竜山区梨泰院路ブルースクエア子供マーケットホールで開かれた一番目ミニアルバム ‘アサイド(Aside)’ 発表記念ショーケースで精一杯緊張した表情で初めての挨拶を渡してさっそうとソロアルバムを紹介した。ソロで初足をはなす席、本当に緊張されたようだ。”率直に言えばあまり震える”と言ったユン・ジソンは舞台を終えた後ずっと物静かな面貌を見せた。そうするうちにワーナー院メンバーたちとファン話が出たら本来の愉快な声トンを回復した。ワーナー院メンバーたちに映像手紙を送ってくれと言ったらあっという間に声が一トン高くなって ‘ワーナー院リーダーユン・ジソン’になった。ソロ活動話をするとまた急激に真剣になった。去る2017年ユン・ジソンはケーブルチャンネルMnet オーディションプログラム ‘プロデュース101 シーズン2’を通じてプロジェクトグループワーナー院メンバーに抜擢してデビューし、国内外ファンに熱い愛を受けた。昨年末ワーナー院が公式的な活動を終了した後約2ヶ月ぶりにソロに出撃した。ワーナー院メンバーの中初ソロ活動走者だ。ユン・ジソンは “グループ活動の時はコンセプトに私を合わせようと思ったら、ソロ活動をしながらは私の姿を完全にお見せしようと多い部分で気を使った。ファン、大中分たちに良く見えたら良いだろう”と望むことをあらわした。引き継いで “グループ活動の時は11人でしたことを今は一人でしなければならないし、歌も完全に私の声に導かなければならないから負担や心配があった。ご飯も11人が多くのメニューを注文して分けて食べることができたが、今は一人で食べなければならない。空席が感じられる。それでもユン・ジソンの多様な姿をお見せすることができるはずだという胸のときめきがある”と期待感を示した。この日ユン・ジソンは “盛りだくさんの姿お見せしたい”という活動抱負を明らかにした。連れて “けっこう負担になる。ワーナー院の中ソロ初走者なのに、熱心にする姿見せてくれると弟(妹)たちにも好きな影響を与えることができるようにならないかと思う”とワーナー院メンバーたちを向けた愛情を誇示した。’知性なら感性’.ユン・ジソンが今度活動をしながら聞きたい修飾語だ。ユン・ジソンはこれを説明しながら照れくさいように大きく笑った。’知性なら感天’という言葉と自分の名前、バラード曲が与える感性を活用した個性ある修飾語で、成功的なソロ活動のための深い悩みの跡が現われるところだ。今度アルバムを準備しながら何百曲候補の中ファン、青磁と一緒に聞きたい曲で苦心して曲を選んだというユン・ジソンはタイトル曲 ‘であるもっとレーン(In The Rain)’が音源順位1位を記録したら “髪の毛がちょっと抜けても凉しく雨に降られながら歌を歌いたい”と言う曲至ることを活用した公約を掲げるだ。彼が雨の中で喜びの熱唱ができるようになるか関心が集まる。ユン・ジソンはこの日午後6時各種音楽サイトに ‘アサイド’ 田穀音源とミュージックビデオを公開した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746068.htm, 2019/02/20 18:29:32]