‘極限職業’ 3人、派手な ‘敗者復活’

5y6mOsB_o

映画の成功は外的要因を無視することができない。いくら作品性がすぐれても不運が重なって滅びることは数を知らぬ程多いことだ。映画は代表的経験嶺コンテンツだ。直接経験すると価値を評価することができる財貨(財貨)載せるからだ。エンター産業自体が高危険群コンテンツではあるが ‘漢方医機会’が存在するという点で大体予測が可能な一般嶺と違う。経験嶺の特性上口コミも非常に重要な要素だ。好評が出れば ‘私一人劣りやしないか’ 経験してみたい衝動が生ずる。映画は特にドラマと公演ミュージカルなど他の大衆文化コンテンツよりも封切り時期や競争作可否、社会的雰囲気などで変数がもっとたくさん作用する方だ。配給社封切り日程調整や劇場確保などが円満に進行される中にも突発変数は常に持続する。主演俳優が社会的指弾を受ける事件事故に巻き込まれることは数を知らぬ程多いことだ。製作者たちが長年の期間念を入れて良い作品、満足するに値する作品を作っておいても最後の瞬間まで思い焦がれる時小憩なのをすることは正しくこんな理由のためだ。◆ ‘極限職業’, 歴代興行順位2位-歴代コメディ映画ランキング1位 ‘新しい興行記録’ 映画 ‘神さまとともに2-因果年間’は2018年1227万名の観客を動員した。1編 ‘神さまと一緒に-罪と着'(1441万)に引き継いだ連打席サングチォンだけの記録を立てて1000万観客作品の威厳を堅固に守った。フングヘングモルが以後ハ・ジョンウチュ・ジフンなど主役に対する関心劣らず元東淵リオルライズピックチョス代表も製作者として注目を引いた。これは前編-後続編概念ではないシリーズ形態の国内初興行作と言う点と版権確保など徹底的な辞書企画の成功と言う点で韓国映画界にもう一つの意味と足跡を刻みこんだ。成功と失敗の中間を出入りする変数が多い位結果も雲泥の差だ。’神さまと一緒に’ 製作者元東淵代表はサングチォンだけヒットを記録した後筆者とインタビューで “一日にも地獄と天堂を数えきれなく経験した”と言った。彼は2011年9月封切られた映画 ‘鉱害、王になった男'(1232万)をヒットさせながら余勢を駆って勝ったが、映画 ‘対立君’ 興行失敗で数十億の借金をした。破産直前に追い出された彼はひどい鬱病に苦しんで ‘神さまと一緒に’に死活をかけた。一番大変で切迫した瞬間に大当りを打ちながら復活した。”率直に言えば ‘大当り’と ‘チォックバック’を間に置いて死んで生き返えたんです。’対立君’ 失敗後私は映画界を去ることもできるという心細いことでひどいパニック障害と鬱病に苦しみました。寝て隠れるまともに休んでいるのか恐ろしい位に深刻で精神科治療まで受けたんです。’鉱害’ ‘対立君’ など史劇を製作した後 ‘歴史ジャーナルその日'(KBS1) パネルで1年間出演するようになったが見えるのがすべてではないということはまさに私を置いて言う言葉ののではないかと思います。周辺では全然気づくことができなかったが事実は誰より切迫したんですよ。◆ 俳優リュ・スンリョン-イ・ビョンホン監督-キム・ソンファン製作者-突きあたっている路地で起死回生 ‘敗者3人’ 今年も映画界の予想を覆したことはまたある。ところで ‘極限職業’だ。1月23日封切られたこの作品は刑事たちが麻薬犯検挙のためにチキン屋を運営して張りこみ勤めるという独特の設定に期待感を極大化させたブラックコメディだ。19日現在1465万観客を突き出して歴代興行2位に上がって変事を起こした。千万観客を突破した後映画関係者たちまでもノルラウォする雰囲気だ。失敗を踏んで立ち上がればもっと注目を引くようになっている。映画界では ‘極限職業’で再起した3仁義 ‘敗者復活’を言及したりする。イ・ビョンホン監督は2014年初商業映画 ‘二十’で認定を受けた。先立って ‘スピードの出しすぎスキャンダル'(脚色)と ‘切ったら'(スクリプター& 脚色) などで見せてくれた底力まで一緒に輝いた。しかし去年 ‘風風願い'(119万)で苦みを見た。観客たちは ‘極限職業’が同じブラックコメディでも前作である ‘二十’より客観的基準で及ぶ事ができない代わり ‘B級情緒’を低めて大衆性を確保したと好評したりする。良い評価は興行結果が言ってくれるがとにかく歴代興行順位2位、歴代コメディ映画ランキング1位という新しい歴史を使った。リュ・スンリョンと製作者キム・ソンファンも分かってみれば今度作品が ‘サムセボン’を区別するカードだった。リュ・スンリョンは ‘7番の部屋のプレゼント’と ‘ミョングリャング’ 以後あまり立てる作品がない貧乏たらしいおくれ、その上に直前映画 ‘念力’は100だけも越す事ができなく千万俳優の自尊心を傷ついた。キム・ソンファン代表もリュ・スンリョンと一緒にある映画 ‘最終兵器弓'(700万)で興趣(興)してから、’道理化が'(30万)ロマン(亡)した。映画興行には王道がないといえども、それで突きあたっている路地で起死回生した ‘敗者3人’の復活がもっと目立ったように見えるかも知れない。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745979.htm, 2019/02/20 08:17:29]