花蛇・船尾・庁下…グループ羨ましくない話題性甲 ソロ

tpymMsB_o

‘きれいな子そばきれいな子’ ‘花束効果’という言葉もあるが、それでもひとりである時もっと輝く宝石みたいなスターたちがいる。グループという垣根なしも熱いスター性を立証して堂堂と音楽活動を引き続く歌手たちをで集めた。◆花蛇、ママムでの花蛇しか分からなかったら ‘うっかり者’ママムメンバー花蛇はソロ歌手としても派手にデビュー申告式を支払った。花蛇の初ソロ曲 ‘うっかり者(twit)’は去る13日公開された以後主要音源チャート1位を荒して、’クィンファサ’の底力を誇示している。花蛇が自分の名前を掲げたソロ曲を発表したことは今度が初めで、花蛇はソロデビューと同時にチャート1位を果たして話題を集めた。’うっかり者(twit)’はトロピカル要素が加味されたトラップビートが印象的な曲で、中毒性あるメロディーラインに花蛇だけの独歩的音色の魅力が濃くベイン歌だ。ただ私のみを眺めて、私だけの慈しんでくれた恋人をかばってくれることができなかった自分を ‘うっかり者’と表現した。一方花蛇は一週刊のソロ活動を終えて、ママムアルバム準備に拍車をかける予定だ。◆ 船尾、’ワンダーガールズ’ 脱いでソロ歌手路歌手船尾はアイドルガール・グループワンダーガールズ出身だ。船尾は2007年2月13日ワンダーガールズデビューアルバム ‘The Wonder Begins’で歌謡界に第一歩を踏み出した。以後2010年学業のためにワンダーガールズを脱退し、以後ソロで転向して2013年 ’24時間が足りなくて’を発表してソロ歌手として可能性を見せてくれた。2015年またワンダーガールズで合流して ‘REBOOT’ ‘Why So Lonely’ アルバム活動に参加したが結局2017年ワンダーガールズが公式解体して ‘ソロ歌手船尾’に帰って来た。船尾は ‘いらっしゃるか'(2017) ‘主人公'(2018) ‘サイレン(Siren)'(2018) などでぞくぞくヒット曲行進を見せて堂堂と ‘円塔ソロ歌手’として位置づけた。◆ 庁下、IO子供脱いで ‘ゴウゴウ’歌手請ずる2016年Mnet サバイバルプログラム ‘プロデュース101’に出演して最終順位11位にらでありグループIO子供でデビューした。2017年1月IO子供公式解体後また研修生身分に帰った請ずる2017年6月初ソロアルバム ‘Hands on Me’を持ってソロ歌手としてまた歌謡界にデビューを知らせた。逆走1位を引っつかんだ初デビュータイトル曲 ‘Why Don’t You Know’ 後 ‘Roller Coaster’ ‘ラブ・ユー(Love U)”もう12時’ などを発表して毎度音源チャート上位圏成績を記録した請ずるもう堂堂とソロ歌手で位置づけた。一方請ずる19日ビックスラビの新曲 ‘Live’ フィーチャリングに参加した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745946.htm, 2019/02/20 00:00:03]