‘いやとはいうけれど’…キム・ボラ♥ゾビョングギュ、’SKY キャッスル恋人’ 確認(総合)

3JNnUsB_o

ずっといやと言いながら否認した。妙な雰囲気、恋人なのを疑うようにする証拠はガレージあふれたが、当事者たちが明確に線を引いたらただではない並びにだけ分かった。しかしJTBC 人気ドラマ ‘SKY キャッスル’が作ったスター、キム・ボラ(24)とゾビョングギュ(23)は熱愛説を否認したことと違って実際にデートをして愛を厚くしていることで20日確認された。’ファクトチェック’に出た取材結果二人は江南一帯でデートを楽しんで甘く愛を育て行く通常のカップルと違わなかった。キム・ボラとゾビョングギュは先月はみでた熱愛説を積極的に否認したのが当たるような位に現実の中で親しかった。忙しい日程中でも時間を合わせて一緒に映画を見て食事をしたし路上デートを楽しんだ。終篇・ケーブルドラマ史上最高視聴率を記録して出演陣・製作陣と一緒に去ったタイプケッ褒賞休暇を行って来た後にはもっと親密な姿を見せた。だれが見てももうちょうど愛を始めた恋人なのを分かることができる位だった。取材陣は去る8日事実確認取材に入って行った。二人が各種媒体を通じて熱愛説を積極否認した後だった。キム・ボラとゾビョングギュの熱愛説は先月ドラマメイキング映像で二人が手を握る場面がファンに目立ちながら火点しされた。しかし二人は放送とインタビュー、個人放送などで積極的に関係を否認した。ゾビョングギュは自分のSNS ライブで “恋愛しない。したい人もいない”と明確に線を引きもした。キム・ボラとゾビョングギュは先月31日課7日放映されたKBS2 ‘happy together4’に出演しては “熱愛説は事実ではない”とし “メイキング映像が妙に出たこと”と積極的に解き明かした。しかしキム・ボラゾビョングギュに向けた大衆の関心は去る1日ドラマが終わった後にも持続した。歴代ビーズ床播最高の視聴率、23.8%(ニールセンコリア、有料プラットフォーム基準)を記録した ‘SKY キャッスル’は多様なシンドロームを作って劇の中で核心人物で視聴率牽引にたっぷり一分け前した二人だったからファンの関心は易しく下がらなかった。事実確認取材に出た初日キム・ボラとゾビョングギュの甘ったるいデート場面を単独で捕捉した。視聴者たちの鋭い ‘燭’が事実で確認された瞬間だった。’SKY キャッスル’ 出演陣が褒賞休暇車タイプケッに去った去る10日を基準に前と後皆忙しい時間をチォゲがであり会うキム・ボラとゾビョングギュのデート場面を確認した。二人のいきいきとした出会いは時間と所嫌わなかった。熱愛説に確かに線を引いたが好きな心を隠すことができないほどに ‘公開的なデート’を楽しんだ。キム・ボラとゾビョングギュは大型ショッピングモールで映画観覧とショッピングをしてプケッで着る服と小品をお互いに選んでくれる姿も見られた。人々が混む食堂でデートを楽しんだりした。人々の目を意識しないでお互いを眺めて笑い花一杯な時間を過ごす姿だった。二人は皮肉に悪戯をしたり心安くスキンシップをしてお互いの写真をSNSにあげたりした。キム・ボラとゾビョングギュはそれぞれ去る10日から14日までプケッに去った褒賞休暇でお互いに撮ってくれた写真と一緒に撮った写真などをあげてもう一度甘ったるい雰囲気を形成した。写真と一緒にあげた文は仲間に向けた友情だったが、妙な雰囲気を漂う写真は分明 ‘熱愛’を言っていた。マスコミもこれを感知したが当事者たちがあんまり熱愛を強硬に否認するはずで ‘熱愛説出るに値する’といったふうのドルムングスルした推測性記事を出した。プケッ褒賞休暇を行って来てから一日が去る15日には夕方食事を一緒にして散歩を楽しむ場面を捕捉した。彼らは3泊5日間のプケッ褒賞休暇を一緒に送って別れてから一日ぶりに会ったのにまるで久しぶりに再会した恋人のようにお互いを喜んだ。素朴な夕食だったが、一緒にご飯を食べて散歩をする二人の姿は幸せな恋人雰囲気をぷんぷんと漂った。’SKY キャッスル’ 中でキム・ボラとゾビョングギュが甘ったるい雰囲気を漂ったのではない。むしろ一緒にする場面は極めて少ない方だった。キム補というドラマでゾビョングギュではないグループSF9 メンバー兼俳優チァンフィ(宇宙役)とラブラインを成した。キム・ボラの演技したヒェナは隷書(キム・ヘユンの方)と全校1, 2位を争うライバルと同時に貧しい未婚母の娘、隷書の異母姉妹で、15回で急な墜落死で劇に緊張感を与えた。彼は現在ウェブドラマ ‘グィシンデレルだと’で大衆に会っていて、来る4月初放送予定であるケーブルチャンネルtvN 新しいドラマ ‘彼女のプライベート’でパク・ミンヨンキム・ジェウクなどと視聴者を尋ねる。キム補という去る2004年KBS ドラマ ‘ウエディング’を通じて9歳幼い年齢に演技者でデビューした。デビュー以後ドラマ ‘噂の七姫’ ‘キムチチーズスマイル’ ‘ママの庭園’ 映画 ‘ホロビッツのために’ ‘容疑者X’ ‘モンスター’ などに出演して顔を知らせた。子役で活動する当時がっちりしている演技力と可愛い外貌で注目されたし大人演技者になった後にも着実に活動を引き続いて力量を大きくしている。ゾビョングギュは劇でソズンに悔しいキム・ドンヒの双子弟(妹)基準で活躍した。冷たい性格、勝負欲、反抗期を持った基準を個性ありげに表現した。ソウル芸術大学延期科を卒業したし去る2015年KBS ドラマ ‘フアユ学校2015’でデビューした。映画 ‘命をかけた恋愛’と ‘少女の世界’ などに出演したしドラマ ‘ドンコッ’ ‘7日の王妃’ などで主人公の幼い時代を演技して注目された。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746088.htm, 2019/02/21 08:59:01]