オカルトおいしい店でしょうか?…チャン・ゼヒョン監督 ‘サバハ’・OCN ‘ビングの’

YSMCVsB_o

神秘的、超自然的現象を扱うオカルト(occult) ジャンル。新しいオカルト作品が大衆を尋ねる。すぐ映画 ‘サバハ'(チャン・ゼヒョン監督)とケーブルチャンネルOCN 新しい水木ドラマ ‘ビングの'(シナリオバックフィガング・演出ツェドフン)だ。’サバハ’のメガホンを取ったチャン・ゼヒョン監督は前作 ‘黒い師弟たち’でもオカルトを扱った。OCNはオカルトを素材にしたドラマで着実に視聴者に会った。チャン・ゼヒョン監督とOCNのオカルトジャンル作品を察してみる。◆ ‘オカルト♥’ チャン・ゼヒョン監督、’黒い師弟たち’から ‘サバハ’まで’黒い師弟たち'(2015)で約540万観客を動員したチャン・ゼヒョン監督が新しいオカルト作品に帰って来た。20日から ‘サバハ’がスクリーンで観客に会っている。長監督のデビュー作である ‘黒い師弟たち’はカトリック駆魔師弟を素材で日、韓国型エクソシズムジャンルを構築したという好評を博した。長監督の新作だから ‘サバハ’ また封切りの前から大きい関心を受けた。長監督は ‘サバハ’ 封切りを控えて言論と進行したインタビューで自らを “宗教 ‘オタク'”と指称した。また “宗教中に隠れた人間だけができる悩みと思想を最大限捕捉して誰も共感するに値する話を作ることができると思った”と言った。’宗教オタク’ 長監督の独創的な作品世界に魅かれた観客たちから ‘サバハ’, 描いて次の作品に対する期待の声が出る。’サバハ’は宗教問題研究所のパク牧師(イ・ジョンジェの方)が鹿動産という新興宗教団体を調査した中ますますミステリーと向い合うようになって、これを暴いて行く内容を描いたスリラー映画だ。◆ オカルトおいしい店OCN, ‘求めてくれ’・’手もうゲスト’・’プリースト’ であって ‘ビングの’イくらいすれば ‘オカルトおいしい店’と表現しても良いろう。OCNが着実にオカルトジャンルドラマで視聴者を捕らえている。去る2017年から今年の中放送したり放映予定であるオカルトジャンルドラマだけ七作品だ。2017年 ‘求めてくれ’ ‘ブラック’, 去年 ‘小さい神さまの子供達’ ‘手もうゲスト(手the guest)’ ‘プリースト’でテレビ劇場を探し、来る3月 ‘ビングの’, 5月 ‘求めてくれ2’ 放映を控えている。OCNがオカルトジャンルドラマをぞくぞく出す理由はなにか。OCN 関係者はに “その間OCNは多様なオリジナル作品を通じて善と悪の対決で通快なカタルシスをプレゼントする大きい脈絡科ハムに持続的にジャンル拡張を試み、既存犯罪スリラージャンル外多様な世界観を作って行っている”とし “その中一つがオカルト素材の作品で多様なコンテンツをワンハ増えた視聴者たちも未知の世界観を描くこのような作品に多い関心を持っていると思う”と説明した。OCNが生んだオカルトジャンルドラマは作品性を認められて来ていて、厚いマニア階を誇る。関係者は新たに出す ‘ビングの’と去るドラマとの差別性をついて期待感を高めた。彼は “‘手もうゲスト’ ‘プリースト’とランチング予定である ‘ビングの’はオカルト素材という共通点があるが各作品ごとに性格が違う”と “‘手もうゲスト’は韓国型リアルエクソシズムでエクソシズムとシャマニズムの結合、’プリースト’は伝統エクソシズムを披露したら、’ビングの’は独特のキャラクターを土台でオカルトとファンタジーが結合された新しい韓国型オカルト作品”と付衍した。連れて “コミックなキャラクターとソン・セビョクコ・ジュニの ‘セーミ’が目立って誰も面白く楽しむことができる作品になると思う。多い関心お願い致す”と頼んだ。来る3月6日初放送を控えて ‘ビングの’は霊異清い不良刑事鋼筆性(ソン・セビョクの方)と強い霊蹟機運を持った霊媒ホン敍情(コ・ジュニの方)が人の身にビングウィして犯罪をやらかす邪悪な魂を追う内容をあまりをスリラードラマだ。俳優ソン・セビョクコ・ジュニヨン・ジョンフンチョ・ハンソンイ・ウォンジョンなどが出演する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746099.htm, 2019/02/21 14:00:02]