キム・ボラ♥ゾビョングギュ、’トックバブチェック’ デート現場

3RapUsB_o

“恋愛しないです。今付き合いたい人もいなくて。”俳優ゾビョングギュ(23)がキム・ボラ(24)と熱愛説がはみでた後、自分のインスタグラムライブ放送で言った言葉だ。先月3日 ‘SKY キャッスル’ メイキング映像が公開された後熱愛説に巻き込まれたキム・ボラとゾビョングギュ。映像の中よろけたキム・ボラを取ってくれたゾビョングギュの姿はネチズンの間で熱い話題を集めた。メイキング映像外にも普段SNSに一緒に撮った写真をよく来ようと視聴者たちの人目を引いた。ネチズンの目撃談なども人目を引く部分だ。彼らの関係を疑うに値する十分な根拠資料になった。’熱愛’を暗示する一種の ‘トックバブ’が絶えないから、ファンの疑心は増幅された。しかし二人は熱愛説を否認した。果してそうであろうか。増えた二人が本当に愛ではなく友情を分ける間なのか直接調べることにした。◆ ‘SKY キャッスル’ メイキング映像、誤解ではない事実キム・ボラとゾビョングギュ熱愛説の発端は ‘SKY キャッスル’ メイキング映像だった。先月3日公開された映像でゾビョングギュはキム・ボラがよろけると彼を取ってくれようとする姿を見せた。するとキム補という前にあるカメラを見て荒てたように彼の手助けを振り撤いてゾビョングギュも変わった状況なかったというように俳優イ・ユジンと悪戯をした。この姿を捕捉したネチズンは直ちに二人の関係を疑った。以後いくばくもなくて二人の熱愛説がはみでた。ここにゾビョングギュは熱愛説がはみでてから5日ぶりである先月8日、自分のインスタグラムライブ放送で “皆さんが一番気になるのを話して上げる。恋愛しない。分かりますか?本当だ。恋愛しない”と強調したりした。キム・ボラゾビョングギュの積極的な ‘熱愛説’ 解明はここで止まなかった。KBSの看板芸能プログラム ‘happy together4’でも同じだ。熱愛説を聞く進行者の質問にゾビョングギュは “(キム・ボラ) お姉さんが身に筋肉がない。延期終わればがっくり座りこむタイプだ。延期終わるやいなやすごすご来るのにぶつかるようで取ってくれた。それがメイキング映像で妙に見えた。私が見ても (そうだった)”で返事した。MC チョン・ヒョンムが “お二人様の熱愛説は本当の事実ではないか’と再び聞いたが、二人は確固に熱愛説を否認したことがある。先月31日わ会ったキム・ボラもゾビョングギュと熱愛説に対して直接解き明かした。彼は “だれが見ても振りはなしたことなのにその映像をおおよそ二○番(回)位回してみたようだ”とし “どのようにすればそれほど見られるのか本当におもしろかったようだ。初熱愛説なのによりによって一番親しい弟(妹)と出た”と言った。しかしドラマ関係者はに “ドラマ撮影当時もう二人の関係は熟した。彼らの関係を撮影場で気づいた人々もいること”と仄めかした。街確認したキム・ボラゾビョングギュの姿も関係者の言葉と違わなかった。◆ ‘親しいお姉さん弟(妹)?’…直接確認してボニが単独で捕捉したキム・ボラゾビョングギュの普段姿はただ ‘親しいお姉さん弟(妹)’と言うにはロマンチックな雰囲気が一杯だった。増えたキム・ボラとゾビョングギュがショッピングモールデートを楽しんでいる場面を去る8日午後カメラに収めた。スケジュールを終えた後午後7時頃会った二人は気軽くて楽なファッションで他人の視線を気を使わないで余裕のあるデートを楽しんだ。二人が選択したデート場所は大胆だった。大部分のスターカップルが静かで人がいない所でデートすることを好むこととは違った。キム・ボラとゾビョングギュはデート場所で大型ショッピングモールを選択する ‘クール’一面貌を見せた。親しくショッピングモールに移動したキム・ボラとゾビョングギュは褒賞休暇に去る休養地で着る服と小品を購入した。以後人々に混む食堂に腰を据えてした時間よ食事を一緒にした。この日キム・ボラとゾビョングギュが親しい姿でショッピングを楽しむと二人を見知った何人のファンの写真を撮ろうと要請したが二人は全然気に止めない気付きだった。キム・ボラとゾビョングギュのデートは笑いが絶えなかった。夕方食事を終えて劇場に移動してしばらく立ち寄ったコーヒーショップでも二人はしきりにお互いを見てはにかむように笑った。’年下の男’ ゾビョングギュは ‘お姉さん’ キム・ボラに向けてしきりに愛嬌を使ったりした。キム・ボラも同じだ。ゾビョングギュの腕組みをして可愛い表情を見せてくれた。ブラウン管で見た成熟したイメージと違い、恋愛する二人の姿はいきいきとして爽やかだった。◆ 友情の名前にあげたSNS, 親しい雰囲気は何キム・ボラとゾビョングギュは去る10日から4日間 ‘SKY キャッスル’ 褒賞休暇車プケッで向けた。その所で撮った写真もまるで恋人の姿を連想するようにした。普段フィルムカメラで写真を撮るのが趣味と明らかにしたキム補という自分のカメラでゾビョングギュ、キム・ドンヒ、キム・ヘユン、パク油やなどの姿を盛った。このなかににも一番多く捕捉された人物はゾビョングギュだった。二人は一緒にいる姿ではないとしても同じ背景にある写真を載せて ‘ピンク気流’を形成した。もう二人が一緒にした写真には熱愛を疑うコメントがあふれている。’ロブスタグラム'(恋人がお互いの愛情を誇示する掲示物)ではないかと言うのだ。◆ 褒賞休暇後、一日ぶりに再会したキム・ボラ・造兵窺知乱15日、増えたプケッに褒賞休暇を行って来てから一日ぶりにまた会ってデートするキム・ボラとゾビョングギュをカメラに収めた。’青春男女’ キム・ボラとゾビョングギュはくたびれなかった。熱情的な20代の愛だから可能なのか。二人は忙しいスケジュールをチォゲがでありお互いを見るために最善をつくした。プケッに褒賞休暇を行って来た翌日再会したキム・ボラとゾビョングギュはまるで久しぶりに再会した恋人のようにお互いを喜んだ。キム・ボラとゾビョングギュは夕方食事を一緒にして散歩をしてロマンチックなデートを引き続いた。楽な運動服姿で彼氏を会いに来たキム補という自然に彼氏の腕組みをして距離(通り)をぶらついた。ゾビョングギュもキム・ボラの話に耳を傾けて彼女を可愛らしい視線で眺めた。キム・ボラの表情を見るためにいたずらに首を下げるなど ‘年下の男’の魅力を100% 発散したりした。ゾビョングギュはデートの間キム・ボラを抱きしめたりバックハグをするなど愛情表現を躊躇しなかった。彼氏の積極的な姿にキム・ボラも幸せなほほ笑みをした。寒い気候だったが、二人はかなり長い間の時間一緒に歩いてお互いの話に耳を傾けた。’熱愛は絶対ない’と言ったキム・ボラとゾビョングギュ。しかし街確認した彼らの姿はもうちょうど愛を始めた恋人の姿そのものだった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746087.htm, 2019/02/21 09:00:01]