‘復帰始動?’オ・ダルス、シゼスと手を取り合った意味は

hsNKUsB_o

ぴったり1年ぶりだ。去年2月性暴行疑惑のはみでたオ・ダルスが近況を伝えた。シゼスエンターテイメント(以下シゼス)と契約を締結したという消息だ。ネチズンは “所属社と契約を締結したのなら活動手始めの意味ではないか”は反応を見せている。シゼスは20日 “オ・ダルスが現在所属社がなくて最近ミーティングを持った”とし “未開峰作品及び整理しなければならないことと係わって業務を見ている”と言った。引き継いで “所属社移籍が新しい作品に入って行ったり本格的な活動再開を意味するのではない”と控え目な態度を見せた。オ・ダルスの ‘ミト'(ME TOO・私もあった) 論難で現在映画三つの本が世の中の光を見られない。’近所の人'(監督イ・ファンキョン), ‘だの親顔が見たい'(監督キム・ジフン) ‘コントロール'(監督ハンチャン・ヒョク) などで、三つの作品皆2018年封切りを目標で作業中だった。しかし封切り時期がずっと持ち越されるとオ・ダルスはこれ以上作品に被害を与えることができなくて新しい所属社と手を握ったようだ。オ・ダルスのセックススキャンダル疑惑は演戯団コリペイ・ユンテク演出家の性暴行関連記事コメントで始まった。一ネチズンは “1990年代釜山小劇場。幼い女後輩たちを隠密に常習的にセクハラした舞台俳優。私には変態悪魔サイコパスであるだけだ。無惨なことにあって衝撃で20年間苦痛受けて精神科治療も受けた”と主張した。また “イ・ユンテク演出家が連れていた俳優中一人は言いわけないだろう。1990年代初釜山ガマ谷小劇場で半ズボンをはいていた私のパンツの中に急に手を入れてむやみに掻き乱した人だ”と明らかにした。オ・ダルスは暴露文が出てから6日万に “さんたんな心情で1990年代初盤の生をドエジブオ見たがそんな行動をしたことがない”とセクハラ事実を否認した。立場表明が遅れた理由に対しては “現在参加している映画(‘近所の人’)の撮影日程が24日までつかまっていた”とし “俳優としてあまり残ってない撮影を結末をつけるのが道理で撮影場を守るのが製作陣に今度件によってそれさえも押す不十分にかけることだと思った”と明らかにした。しかしオンラインに文を書いたという被害者がJTBC ‘ニュースルーム’ インタビューを通じてオ・ダルスの公式立場を駁した。”セクハラではなく性暴行”であったし “また他の被害者がいるということ”だ。ここにオ・ダルス側は “事実無根”と言いながら立場を固守した。すると一日後の27日舞台俳優オム・ジヨンは ‘ニュースルーム’に出演して “私はオ・ダルスが謝ると思った。待ったが謝りどころかその粉餌 (告発者の)実名を公開しなかったという理由でなかった事のように言うのが容赦がならなかった”と自分の実名と顔を公開した。以後オ・ダルスはイーデイリーとインタビューで “もう一度二女性人様にお詫び致す”とし “しかしあのオ・ダルスが強姦犯、性犯罪者ではない。そのように暮さなかった。20台稚気を帯びた時代、私との関係の中で傷を受けた女性粉餌あったらそのものだけで心よりお詫びしたい”と言った。引き継いで “しかし私がそのお二人様のお話によって強姦犯で一生を住まなければならなかったら、それは受け入れることができない”と言った。彼はA氏との過去関係に対して “いわゆる ‘切り’に乗る位の関係だったと憶える。若い男女が関係を結ぶようになったことだと憶える”と明らかにした。引き続き自分が先輩という理由で強圧的な性暴行をしたのではないと言った。以後耶居生活に入って行ったオ・ダルスは1年ぶりに近況を伝えて関心を受けている。ネチズンの反応は多様だ。一部ネチズンは “今すぐではないとしても活動財界する計画が長期的にあるようですね。生計問題だがTVや映画には出なかったら”(sk8e****) “オ・ダルスさん表示気まずいようですね”(kimi****) “活動しないことなのにどうして会社を移す?”(mary****) “一応雑音がしたということはしこなしが汚いという乞食”(nice****) など否定的な声を出している。一方一部ネチズンは彼の復帰に応援の声を出している。”オ・ダルスのいけずうずうしい延期は見たい”(thdw****) “また俳優で活動お願い致します”(fesy****) “延期見たいのに”(jple****) “過ち以前に人間オ・ダルスがいるようにします。早い再起お願いします”(ende****) “もうまた出る時になりました”(glay****) などの反応を見せている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746098.htm, 2019/02/21 10:24:50]