あまり早く発った彼、故 イ・ウンジュ。..相変らず懐かしいです

tPhr0sB_o

学んで(故) イ・ウンジュが世を去ってからもう14年が経った。享年25歳で短い生を終えた彼は、相変らず私たち胸の中に美しい思い出で残っている。イ・ウンジュは2005年2月22日、’ママにすまない’と言う内容が込められた遺書を残して世を去った。当時彼は鬱病を病んでいたと知られた。1996年一学生服モデル先発隊を通じて芸能界にデビューしたイ・ウンジュは1997年青少年ドラマ ‘スタート’で本格的に俳優生活を始めた。1999年にはパク・ジョンウォン監督の ‘ます’でスクリーンに進出して映画活動も活発に広げた。以後映画 ‘オオ!修正'(2000) ‘バンジージャンプをする'(2001), ‘恋愛小説'(2002), ‘白部屋'(2002), ‘ブラザーフッド'(2003), ‘こんにちは(さようなら)!ユーエフオー’ ‘緋文字'(2004) などに出演して忠武路代表女俳優で落ち着いた。特にドラマ ‘カイスト’ ‘ブルセ’ などを通じて愛された。’ブルセ’は当時視聴率30%を越して大衆的な人気をあつめた。ジャンルを問わず多様な作品に出演して大衆の胸を泣かせたイ・ウンジュは本格的な花を咲かせようとしていた年に世の中と別れた。もう14年が去る今にも彼が出演した作品は相変らず多い人々の胸の中に残っている。イ・ウンジュの有害は京畿道一山清雅公園に安置されている。彼の生前所属社だったナムアクターズ関係者たちは毎年ファンカフェ会員たちとこちらを尋ねて追慕の時間を持つ。2015年には故人の10周年を迎え特別展を開いたりした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746210.htm, 2019/02/22 09:49:33]