パク・ハンビョル側 “夫、勝利と事業パートナー。..詳しい内幕分からなくて”

16p71sB_o

俳優パク・ハンビョル夫がグループビッグバンの勝利と事業パートナー関係だったという報道が出た。パク・ハンビョル側はこれと関して “詳しい内幕は分からない”と明らかにした。パク・ハンビョルの所属社フライ業エンターテイメントは22日に “パク・ハンビョルさんの夫が勝利さんと事業パートナーであることは当たる”と認めた。引き継いで “しかし夫粉餌一般人だから詳しい内幕まではわからない”とし “今度事案と係わって別に申し上げるお話はない”と言った。22日午後スポーツ朝鮮は “勝利のラーメン事業、ラウンジバ、投資会社などを持株会社柄である硝子ホールディングスという会社が管理した”と報道した。報道によるとこの間まで勝利はユさんと一緒に硝子ホールディングスの共同代表であって勝利が席から退きながら現在はユさんが単独代表を務めている。この媒体は “硝子ホールディングスという業社名もユさんの ‘油’と勝利の本名イ・スンヒョンの ‘里’を取って作ったこと”と伝えた。パク・ハンビョルの夫が注目を引く件、硝子ホールディングスが最近暴行・ 麻薬など疑惑を受けているクラブボニングソンの本社という疑惑を受けているからだ。先立って硝子ホールディングスはボニングソンエントテインモント本社求職広告を出した内訳が捕捉されたことがある。ボニングソンは現在警察と癒着関係・麻薬・性暴行・未成年者出入り問題など多様な問題で調査を受けている状態だ。ボニングソンがまな板に上がるようになったきっかけは去年11月このクラブに訪問したキムさんがクラブでセクハラされた女性を助けようと出てから保安要員と出動した警察に暴行されたと警察とクラブの癒着疑惑を提起するからだ。以後このクラブで利用客たちが麻薬を投薬して女性を性暴行したという疑惑も相次いで申し立てられた。チャンネルAによれば警察はボニングソンクラブ関係者を召還して勝利の役目が何だったのか陳述を確保した状態。現在勝利の召還の調査を検討中の段階と知られた。また必要ならば麻薬投薬可否も確認するという立場だ。現在警察はボニングソンを押収捜索、会計資料を押収して精密分析を進行中だ。一方パク・ハンビョルは来る23日初めて放送されるMBC 新しい土曜ドラマ ‘悲しい時愛する’に出演する。今度作品でテレビ劇場に3年ぶりにカムバックすること。彼は去る21日製作発表会で “ひとりである時より結婚して安定を探し終わるから集中することができるようだ。個人的な環境も良くて、この作品に集中することができる”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746262.htm, 2019/02/22 16:41:16]