好むことを会った時 ‘サバハ’

gAnhZsB_o

時間が本当に早くも経った。去年6月映画 ‘辺山’で会った俳優パク・ジョンミンを1年度まだならなくてまた会った。こんなによくあえることは彼がそれほど休む間なしに作品活動をするという傍証になることもできる。当時パク・ジョンミンに会って ‘本当に無味乾燥な人’と感じた。作品ではそのように怒りと大声を出したら、実際会った彼は何を話しても大きく動搖しなかったし、謙遜だできなくて自分を限りなく低めた。半ば浮かんだ目で言葉をとんとん吐き出すが、その中で自分の考えを、本気を加減なしに伝達した。この姿はパク・ジョンミンばかりの色だった。以後映画 ‘サバハ’で久しぶりに会った彼は相変わらずだった。変わった点があったら何か分からない明るい機運だった。18日ソウル鍾路区八判洞一カフェで映画 ‘サバハ’に出演したパク・ジョンミンに会った。彼は今度映画にかなり満足したようだった。”‘サバハ’を取りながらファンになった”とし “演出部友達に ‘や今あまり映画撮るようだ’ ‘大好きだ’とよく話をした”と言った。その間見て来たパク・ジョンミンは他の俳優たちに比べて特にもっと作品に対する満足感が低かったことで憶える。自分をいつも警戒し、易しく満足することができなかった。しかし今度作品では他に感じたというのが新鮮に感じられた。”元々推理物?ミステリー?同じジャンルをしたかったです。沸き返えた映画を撮った感じですよ。この映画は本当に不思議なことが俳優たちが演技するのがあまりないです。監督様が描いた絵に合わせていけば良いんですよ。俳優が訳もなく好きではないアイデアを出して緊張感を落とすより監督様に合わせてよく行けば良いのです。それで演技する時不便でもあります。その不便さを甘受して演技した時画面を見ればずっと良かったんですよ。あの時感じました。’映画はこんな味であって’ して。”パク・ジョンミンは幼い時代映画 ‘セブン’ ‘ダ・ヴィンチ・コード’ ‘ユージュアル・サスペクツ’ ‘メメント’ などの映画を楽しんでみたと言った。俳優を夢見ながら ‘こんな映画ができるか?’想像した彼はついに ‘サバハ’に会った。”映画 ‘辺山’ 撮影が終わった翌日に ‘サバハ’ 撮影を入って行くのだったです。当時にとてもつらくて家で這ったが、その状態で ‘サバハ’に入って行ったのです。一3回次位取った日、監督様が撮影しれなく私を呼びました。’一週間位時間差し上げるから無条件暖かい国行っていらっしゃい’と言うんですよ。監督様が見るにも私の状態が良くなかったんです。すぐベトナムに飛んでキャラクター勉強もして、蜂蜜みたいな休息を向い合ったんです。財政費して入ることができてとても幸いだったです。本当にありがたく思います。”先立ってパク・ジョンミンは ‘サバハ’で演技するのがあまりないとはしたが、彼が引き受けた整備工羅漢役は易しくない配役だ。時には節制して、時には感情を吹き荒んだ。一緒にしてA4 1枚分量の真言(釈迦の悟りや書院を現わす言葉)も覚えなければならなかった。自分を極限に追いこまなければならない大変な作品だった。”極限に追いこまなければならないが真言を覚えることでなくそんなに大変ではなかったです。撮影場行くのが楽しい位だったからです。真言を覚えることばかり3~4ヶ月がかかったが本当にすごく大変だったんです。そういえば私は作品ごとにしなければならないのがありました。ピアノ、ラップ、カードなど良い趣味活動が生じたがすべて度忘れしましたね。ハハ。”パク・ジョンミンは前作 ‘辺山’ではラップを、’それだけが私の世の中’ではピアノを弾いた。そして次回作 ‘イカサマ師3’ではイカサマ師で変身する。”映画で真正な芸術家に生まれかわるか”と聞くと彼は “資本主義に妥協する俳優”と言いながら笑った。最近パク・ジョンミンは個人的な趣味生活で木工芸をしていると言った。彼は自分が育てている珍島犬二匹のために大きい家を作っている中だ。パク・ジョンミンは “木工芸をする時だけは雑考えが入らないで時間がよく行くようだ”と自分ばかりのストレス解消秘法を明らかにした。この前 ‘辺山’ インタビューで会った時彼は “ストレスを解こうと本を読んだり映画を見ればあの時だけではないか”と言った言葉が思い出した。パク・ジョンミンにこのものを今一度言ったら “その考えには変わりがない”と笑った。”幸せという感情は瞬間的に感じるそこのため良くからおさまるんじゃないか。幸せな時と幸せではない時に分けられます。そのように見れば最近には幸せさをかなり感じるようです。現場行って人々といる時も良くて、家でそのままある時も良くて。たまに ‘大丈夫なのに?’たいです。実はこの前にはささいなことに幸せなのを探す事ができなかったです。それはそれでこれはこれだから。ところで最近は幸せさを感じています。幸せです。”パク・ジョンミンは作品ごとに他の顔で観客と会う。その時ごとにキャラクターと高いシンクロ率を誇って作品の没入島を高める。彼は “意図したのではないが他のキャラクターができて良い。ところで私の作っておいたイメージがなくてもっとそのように見えること”と謙遜な返事を出した。2011年映画 ‘番人’でデビューしたパク・ジョンミンは自主映画、低予算映画などを経って今は商業映画で抜けることができない俳優に位置づけた。もう多い所で彼を尋ねるようになったのだ。デビュー9年目。彼に “演技しながら何が楽しいか”と聞いた。”昔ようだったら ‘多くの人の人生を生きてみることができて’が返事だったでしょうに、今はそうではないようで。ハハ。私は映画が本当に好きだった学生だったし、青年だったです。映画が好きで映画科に行ったが監督する才がないというガール早く悟って延期で転向したんです。私の人生で一番上手なことみたいです。演技しながら良いことは私が映画を作る一人になることができるというんです。特に最近は映画を作る人の中で重要な任務を引き受けるようになったのが楽しみがわいて。良い映画を作ろうとする過程、その一員になるのがおもしろくて楽しいです。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746160.htm, 2019/02/22 05:00:02]