ソウル大学→発明品→スリ検挙、イ・シウォンが関心受ける方法

uhnU3sB_o

最近は関心受ける法も多様だ。俳優として必ず延期で関心受けろということはない。最近スリとソウル大学出身などで顔を知らせた俳優イ・シウォンもここに属する。イ・シウォンは先月20日終映したtvN トイルドラマ ‘アルハンブラ宮殿の思い出'(シナリオソン・ジェジョン、演出アンギルホ)でジンウの元妻イ・スジン役に出演した。彼はキャラクターが持った特有の不安定さをよく表現し出したがあまり大きい関心を受けることができなかった。彼が関心を受けたことは正しく去る21日tvN 芸能番組 ‘人生居酒屋’に出演しながらだ。イ・シウォンはスペインバルセロナで経験したスリエピソードを解いて置いた。彼は “私がスリ二人を取った。休む時間にスタッフとお酒を一杯飲んでいたが乞食のような方が食べ物をくれと言った”とし “テーブルにあった私の携帯電話を持って行こうと思うのにそこに張りこみ警察があった”と当時を思い浮かべた。引き続きイ・シウォンは “‘助けてくれ’とあらゆる大声を出したら張りこみしていた警察たちが出て手伝ってくれた”とし “その日まどろんでも書いた”と言った。このエピソードが関心を集めるとイ・シウォンは自分のSNSに当時映像を公開した。公開された映像でイ・シウォンはアンダーカバー警察たちの前で調書を書いている姿だ。彼は胸がいっぱいそうに明るいほほ笑みをしている。イ・シウォンは先立ってtvN 芸能番組 ‘問題的男’にも出演してポータルサイトリアルタイム検索語を掌握したことがある。彼はこのプログラムで “ソウル大学経営役割学学士に進学して進化心理学修士過程を踏んだ”と明らかにした。4歳の時から発明品を作ったという彼は6個の発明品特許を出願したとも明らかにして関心を集めた。特に彼は “お父さんがメンサ会長だった”と言って皆をびっくりさせた。イ・シウォンは演技者の道を歩くようになった理由に対して “大学を入学して一番目に韓日が演劇サークルに入って行ったことだ”と言った。引き継いで “やっぱり演技するのがおもしろかった”とし “あの時感じた生気が懐かしくて演技学院の門をたたいた。一応先後選り分けないでしてみるスタイル”なので挑戦するようになったと明らかにした。一方2012年KBS ドラマ ‘大王の夢’でデビューしたイ・シウォンは ‘未生’ ‘神さまのプレゼント’ ‘フアユ-学校2015’ ‘ビュティプルマインド’ ‘シュツ’ ‘アルハンブラ宮殿の思い出’ などに出演した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746279.htm, 2019/02/23 00:00:04]