キム・スチャン “南進みたいな歌手になります”(インタビュー)

Z7QOgtB_o

舞台に上がる準備を終えたキム・スチャンと一緒に放送局に移動する車の中に上がりました。派手なメーキャップで ‘桑食’をのせたとしても、いきいきとした感じはすべて消すことができないようです。ちょっと緊張した表情で生放送舞台に向ける彼に控え目に何種類質問をゴンネッスブニだ。キム・スチャンは本格的な放送活動に先立ってショーケースを開いてタイトル曲 ‘愛の解決者’を公開したことがあります。当時彼は生涯初ショーケースにもかかわらず特別な親和力で現場へ来た取材陣の心を捕らえた覚えがあります。”実は始めてショーケースだとものすごく緊張しました。みんな良く見てくれたなんて安心ですね。’私の音楽をよく見てください’とあいさつする重要な席なのに鼻が高く見えるか心配で最大限謙遜に行事を進行した覚えがあります。”現在彼は ‘トロットの女王’ ホン・ジンヨンが属したミュージックK エンターテイメント所属歌手で活動中です。体系的なマネジメントシステムが揃った会社でただ音楽にだけ集中することができるようになりました。実はキム・スチャンは去る2012年、’オーディション’という曲でデビューしたが、その間これと言う注目を引くことができなかったです。活動を裏付けてくれる会社に会うことができなかったのが大きい理由でした。”ミュージックKに会って一番大きく変わった点は歌うことだけ集中することができるというんです。他のすべてのものなどは私が気を使わなくても多くの方が手伝ってくれるんですよ。せめて今日のように衣装とメーキャップ、ヘアスタイリングをすることも大変じゃないでしょうか。それをしないことだけでも本当に大きいストレスが減ります。そこにマスコミ広報、車運転まで(笑い).私だけのためのユーチューブチャンネルにインスタグラムも生じました。”ミュージックKも、キム・スチャンもお互いに向けた信頼と信頼が仲がいく見えました。そのためでしょうか。ミュージックKに巣を作って発表した ‘愛の解決者’は彼のためのマッツムオッのように感じられます。キム・スチャンがよく表現することができる若い感性とトロットの楽しさを皆盛りました。”‘愛の解決者’という曲を初めてもらうやいなや気に入ったのではないです。代表様がそんな私の心を気づいたのか ‘修撰よ、ぴったり三度だけ聞いてみなさい’ なさいますね。ところで本当に代表様言葉通り三度入ったら ‘よくできるようだ’と言う感じが生ずるんですよ。おいしく消化することができるという確信が聞きました。”キム・スチャンは19歳幼い年齢にトロット歌手にデビューしました。普通10代少年が歌手を将来の希望にしたらアイドルグループやバルラドを思います。しかしキム・スチャンは幼年時代から確固に私の道を探したケースです。”高校時代、学校先生のために祝歌を歌ってあげたことがあります。トロット曲だったがあの時感じが来るんですよ。’私の道はトロットだね’.以後にオーディションを見回り始めたんです19歳の頃運が良くデビューすることができました。あの時私のデビュー曲を書いてくれた方が残るは先生のヒット曲 ‘巣’を作曲したチァテである先生です。縁があったんですよ。高等学校1年生の時 ‘私が本当にスター’というプログラムに参加したんですよ。あの時南進先生が私を見て作曲家先生を積極的に紹介してくださいました。”あの時縁に南進と縁を結んだキム・スチャンは相変らず南進を一番尊敬するトロット先輩に指折ります。自分の才能をかつて調べて歌手の道に行くことができるようにお手助けになった恩人だからです。”南進先生が ‘君が踊りは本当に寝る推知’と誉めてくださった覚えがあります。おかげさまで自信感もたくさん生じました。私はトロット歌に踊りまで見せてくれることができる才能があるというんだから。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746326.htm, 2019/02/25 05:00:04]