‘サバハ’で会いましたね。..新 ‘人生キャラクター’

SkTOgtB_o

“こといたずらがひどすぎることではない?”(‘新世界’) “私が王になる上です”(‘観相’) “私の身中に日本やつらの弾が六個もめりこんでいます”(‘暗殺’)彼とインタビューがつかまるやいなや浮び上がったのはその間作品でしたせりふだ。実は限り作品のキャラクターで観客に強烈な印象を残しにくいのに彼は多数の印象深いキャラクターとせりふを残した。彼は “もうぶりのの色になった俳優”と言う。それとともに観客に絶えず多様な姿を見せてくれるために努力すると言う。去る20日封切りした映画 ‘サバハ'(監督チャン・ゼヒョン)に帰って来た俳優イ・ジョンジェの話だ。18日ソウル鍾路区八判洞一カフェでイ・ジョンジェに会った。映画 ‘サバハ’で見せてくれた俗物(?) パク牧師役と全く違う姿だった。ベージュコートに黒い色ニットを入庫、粋ながらも重厚な趣を催した。明るい笑いで記者を出迎えた彼はたまには真剣に、たまには愉快に映画に関する話を打ち明けた。”今度映画見てから ‘なぜ牧師があのようにタバコをたくさん吸うか’ たかったです。(笑い) そのように設定をしなかったことのようなのに特に多く咲くようだったんですよ。’新世界’ 時もそんなにたくさん咲いたが。ハハ。ところで ‘サバハ’で演技した時は実際タバコではなく禁煙初だったです。”イ・ジョンジェと言えば浮び上がる代表作たちがある。先立って言及した ‘新世界’ ‘観相’ ‘暗殺’と去年特別出演で一緒にたいてい ‘神さまと一緒に’ などだ。しかしこの作品は彼に一人の宿題になった。あんまり強烈で強いキャラクターなので彼が持ったイメージを壊しやすくないからだ。’サバハ’に会うとその宿題はすぐ解決された。イ・ジョンジェのいけずうずうしくてちょっと軽い姿が作品によく付け出したからだ。”‘新しい姿をお見せしたい’と言う欲心がいつもあります。アクターが外形的な姿に変化を与えることができるのは限定的だと考えるんですよ。延期的な面でも多様な延期トンを駆使することができなかったりして。グロダボだから職業群でも変えれば延期トン変わるのに容易くないかと思って今度作品を選択するようになりました。作品ごとにキャラクターの間隔を与える方のようです。”27年目俳優イ・ジョンジェは今まで約42編の作品(映画・ドラマ)に出演したが牧師を任せる初めだと言った。彼は “多い作品で描かれる牧師の典型的な姿と違った”とし “近来に引き受けたキャラクターの中で一番新鮮だった”と言った。映画あちこちにはパク牧師特有の愉快なポイントがある。イ・ジョンジェはこれに対して “チャン・ゼヒョン監督のユーモアコードして私と当たらないようだ”と率直に言って笑いを催した。”長監督と数えるよ差のようなのにユーモアコードが違うんですよ。次第熱心にやってみようと思ったが私が満足しただけユーモアコードがよく暮らすのではなかったです。ハハ。”ユーモアコードに満足することができなかったという彼だが今度作品でも彼ばかりの流行語が誕生するか知りたかった。イ・ジョンジェは “到底観客たちのポイントが分からない”と笑った。”実は初めには多くの方が従ってしてくださった時ぎこちなかったです。’私がなんか間違ったか?”演技がぎこちなかったか?’これが笑い物か?’と思いました。ところでではないということを悟って出る楽しかったんです。実はどんなポイントでそのようになるかどうかを分からないです。だからパク牧師せりふの中でもどの部分が好んでくださるかは全然行くことがつかまらないですね。私がそれさえも理解するのは ‘私が王になる上です’です。(笑い)” 彼の演技変身は嬉しかった。’五ブラザーズ’ ‘太陽はない’ 以後で久しぶりに見た彼のいけずうずうしい姿からだ。記者も分からなく観客の立場(入場)で “これからこんなキャラクターでもっとたくさん出たら良いだろう”と望むことを伝えると彼は火筒するように笑って “分かる”と返事した。インタビュー間彼には俳優として苦情が感じられた。イ・ジョンジェは “相変らず延期は難しい”とし “後輩俳優たちから多い刺激も受けて学んでいる”と謙遜な姿を見せた。”‘サバハ’でパク・ジョンミンの爆発力ある集中力とエネルギーを見てすごいと思いました。イダウィッドはどんな俳優も真似ることができない自分ばかりの色で演技するが、その点を見て本当に羨ましいという考えをしたんです。私も私ばかりの延期呼吸法と色がほしいという考えをたくさんするようです。多様なキャラクター、多様な試みをしながら私ばかりの色を万たち語伽揶ですよ。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746325.htm, 2019/02/25 05:00:03]