封切りもしなかったが。..雨 “‘自転車王オム・ボクドン’, 良くないことがある”

ufkjitB_o

俳優チョン・ジフン(雨)が自分が主演を務めた映画 ‘自転車王オム・ボクドン’を言及して話題を集めている。雨は25日インスタグラムに ‘自転車王オム・ボクドン’ ポスターとともに “お酒一杯飲みました。映画がうまくいかなくても良いです。しかしオム・ボクドン一人だけ憶えてください。心より伝えます”とし “映画が良くないことがあります。日夜で悩んで演技しました。最善をつくして熱心にしました。私の本気が感じられてください。ありがとうございます”と言う文を書いた。最後に祈る “あれほど映画がおもしろいという。..”と付け加えた。ここにネチズンたちは “結果物がむちゃくちゃなのに意図を押しこむのはそのまま面皮用盾なの”(last****) “主人公がつまらないかも知れないと言うほどなら言葉すべてしたの。バイトや親戚仲間たち抜いて誰が行くか??”(khik****) “主演俳優が映画が良くないことがあると言ったら見たいという気がしないことは事実”(book****) などコメントを月であり映画に向けた失望をあらわした。こんなに封切りを控えて映画に対する否定的世論が広がると、祈る掲示文に “それほど映画がおもしろいという。..”という文章を追加したようだ。一方27日封切りを控えた映画 ‘自転車王オム・ボクドン’は朝鮮人最初で予兆選者電車大会で勝利をおさめて暗鬱だった朝鮮に希望になった実存人物オム・ボクドンを描いた映画だ。チョン・ジフンはムルザングスで自転車英雄になったオム・ボクドンで分解熱演を広げた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746389.htm, 2019/02/25 11:06:36]