‘漆谷がシナドル’ キム・ゼファン監督 “CGV アウト”…ボイコット宣言 (公式立場)

NrTFitB_o

映画 ‘漆谷がシナドル’を演出したキム・ゼファン監督がマルチプレックスCGVの片手落ちなスクリーン運用計画案に反旗をあげた。CGV 上映をボイコットすることに決めたというのだ。キム・ゼファン監督は25日公式報道資料を出して ‘漆谷がシナドル’ 上映と係わってCGVをボイコットすると明らかにした。キム監督は “去る22日にCJ CGVから ‘漆谷がシナドル’のスクリーン運用計画を通報受けた”とし “全国159個映画館に1,182(ヤングジンウィ統合ネットワーク基準) スクリーンを持ったCGVで私たち映画に渡すことができるスクリーンはぴったり8個であった”と吐露した。引き継いで “それもどぶんどぶん上映するはずで封切り日実績によって今後の流動的に何回上映するか決めると知らせて来た”と伝えた。キム監督はCGVの今度決定と係わって ‘慣れたこと’だが、納得できないことは ‘漆谷がシナドル’の同じ日封切りする ‘どうする、結婚’を言及した。彼の主張によれば ‘漆谷がシナドル’と ‘どうする、結婚’は戍製作コストが同じでP&A 費用も似ている状況。試写会は ‘漆谷がシナドル’がずっとたくさんした。それとともに8個劇場、8個スクリーンの ‘漆谷がシナドル’と95個CGV 劇場で140個スクリーンを確保した ‘どうする、結婚’の差はCGV アートハウス投資配給作品かないかで外には説明にならないと主張した。彼はまた “前売り率基準で上映館を割当すると言い張るが、空を見ると星を取るの封切り3日控えても ‘漆谷がシナドル’にイェメチァングを開いてくれたマルチプレックス劇場がただ一つもないのにどう前売り率が上がるのか”と聞き返した。キム監督は最後に “CGV仮定した侮辱的なルールは拒否する。2月27日全国CGVでは ‘漆谷がシナドル’に会うことができない”とし “それでもCGVだ、少ない数のスクリーンでも受けたほうがましだという助言を言ってくれた方もいたが、投資者がないから損益分岐点に対する負担もない。私たち映画の運命は私たちが決める”とCGVに ‘痛いプレゼント’を送るという予告も付け加えた。’漆谷がシナドル’は2月27日封切りする。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746413.htm, 2019/02/25 12:39:13]