(女)子供達、作られた(X) 作る(O) ガール・グループ(総合)

oskVptB_o

去年、器用なデビュー申告式を支払ったガール・グループ (女)子供達が2019年2月二番目ミニアルバムで活動に出た。デビューアルバムでグループの存在を知らせたら、二番目アルバムはメンバーたちが持った実力をまともに見せてくれるという覚悟だ。(女)子供達は26日午後ソウル竜山区梨泰院路ブルースクエア子供マーケットホールで二番目ミニアルバム ‘I made’ 発売記念ショーケースを開催した。この日行事は収録曲とタイトル曲舞台、ミュージックビデオプールバージョンを最初に公開する席に用意された。オープニングは収録曲 ‘Blow Your Mind’舞台で構えられた。メンバーたちの十分な演習量を証明する安定的なパフォーマンスが人目を引いた。夢幻的なメロディーと独特で中毒性あるダンスが魅力的だった。メンバーたちも完壁に近い合を見せてくれた舞台が満足だったのか明るいほほ笑みを見せて初あいさつを渡した。”こんにちは。(女)子供達です!”(女)子供達のミニアルバム2集 ‘I made’はメンバーたちがタイトル曲を含んだ田穀を直接プロデューシングした。タイトルも直接作ったという意味を込めた。メンバーたちは今度アルバムでもっと成熟して魅惑的なパフォーマンスを見せてくれようとした。メンバーたちにタイトル曲 ‘Senorita'(セニョリータ)に関する話も直接聞くことができた。一番先にマイクを握ったことはメインボーカルミンニと未然だ。ミンニはメンバーたちが直接作ったミュージックビデオを誇って “メンバーたちが直接構想して作ったから私たちの話が盛られた。意味が大きい。期待しても良い”と白くて清く笑った。未然も “ミュージックビデオを直接撮影したのがメンバー皆に本当に大事な思い出になった。何より直接作るから自然な姿が盛られたようでとても満足だ”と言葉を加えた。曲に対する詳しい説明は (女)子供達の心強いリーダーと同時にメインラッパーである小宴に聞くことができた。小宴は “毎度感じるが、歌を作ってから ‘どんな歌だ’と説明するのが一番難しい事みたいだ。タイトル曲 ‘セニョリータ’は特に定義しにくい曲なのに個人的に (女)子供達の色が一番よく盛られたと思う。フックに盛られたブラスが印象的だ”と言った。彼はまた “タイトル曲 ‘セニョリータ’に入って行くスペイン語をひしと盛ろうと現地人と一緒に作業したがその部分を特に面白く聞き入れれば良いだろう”と強調した。小宴は特に今度アルバムで三曲の作詞・作曲を皆引き受けてチームのリーダーらしい面貌を見せてくれた。言い張るそんな小宴が誇らしいのかしきりに小宴を眺めて “本当にすごい。皆小軟餌が作った。必ず!聞いてみなければならない”と重ねて強調した。去年5月、初ミニアルバム ‘I am'(アイエム)を売り出して新人らしくない実力と有り勝ちではないコンセプトで成功的なデビュー申告式を支払った (女)子供達だ。おかげさまで2018 MBC プラスジニーミュージックアワード、2018 アジアアーティストアワード、2018 メロンミュージックアワードなど多様な授賞式で新人賞を引っつかみながらデビューしたグループとして最高の一年を送ったことがある。(女)子供達のミニ2集が期待される理由もここにある。既存ガール・グループがアルバムに収録された曲を作曲家にいただいて呼んで踊りもダンスチームに受けて踊って ‘作られたスター’になったなら、(女)子供達は直接曲を作ってプロデューシングまで参加して ‘創作型スター’を志向する。ソロで自分の音楽を万であり人気まで取りそらえる女性ミュージシャンは多様だが、音楽性とスター性皆をめんどうを見るガール・グループはフンチないからだ。そのため ‘ミュージシャン型アイドル’, (女)子供達の2019年がもっと期待される理由だ。一方 (女) 子供達の二番目ミニアルバム ‘I am'(アイエム)の音源とミュージックビデオは26日午後各種音源サイト及びポータルサイトで公開された。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746574.htm, 2019/02/26 18:19:20]