“花札ではないポーカー”…パク・ジョンミンXリュ・スンボン ‘イカサマ師:院アイドジャック’ 撮影終了

nmxiotB_o

俳優パク・ジョンミン、リュ・スンボン主演の映画 ‘イカサマ師:院アイドジャック'(監督権五光)が6ヶ月間の撮影を終えた。配給社ロッテエンターテイメントは26日 “‘イカサマ師:院アイドジャック’が去る2月2日撮影を仕上げた”と明らかにした。配給社によればソウル竜山、春川、慶州、群山、進度、瑞山、強震など全国各地で長年の時間撮影した。’イカサマ師:院アイドジャック’は ‘イカサマ師’の三番目話だ。花札代わりにポーカーを素材で前作と違う新しいルールと話に帰って来る。映画は何でもできることができるし誰でも勝つことができる無敵のカード ‘ウォンアイドジャック’を受けて集まったイカサマ師が人生をかけた一発にオールインすることを盛り込んだ。’イカサマ師’の三番目顔は俳優パク・ジョンミン。ここに久しぶりにスクリーンに帰って来たリュ・スンボンとがっちりしている演技力を持ったチェ・ユファ、右舷、ユン・ジェムン、イ・グァンス、イム・ジヨン、クォン・ヘヒョなど俳優たちが一緒にする。パク・ジョンミンは “なじんだ現場なのに終わりだと言うから気持ちが変だ”と惜しさを伝えた。リュ・スンボンは “‘イカサマ師’ 1便と2編が見られなかった観客にも良い作品になるのを期待するためやっぱり楽しい作品になるように願う”と言った。’イカサマ師:院アイドジャック’は今年封切り予定だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746502.htm, 2019/02/26 11:40:13]