‘キャプテン・マーベル’ 封切りD-7, もう前売り率1位の理由

C2HJttB_o

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)(以下 ‘マーブル’) ファンから期待の喊声が溢れ出る。国内封切りを7日控えてマーブル史上一番目女性ヒーローソロムービー ‘キャプテン・マーベル’に対する関心が熱い。27日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば映画 ‘キャプテン・マーベル'(監督エノ見ても・ライオンプルレック)はこの日午前9時基準前売り観客数10万163人、前売り率22.0%を記録して前売り率順位1上に上がった。国内関心作 ‘証人’ ‘サバハ’ ‘抗拒:柳寛順話’ ‘極限職業’は異意後を引き継いだ。2019年初マーブル映画 ‘キャプテン・マーベル’はキャロルデンボス(ブリラスン分)がネッキピュリに会ってマーブル史上一番力強いヒーローキャプテンマーブルで生まれかわる話を盛り込む。去る4月国内で1120万人以上観客を集めた ‘オベンチョス:インフィニティウォー’の衝撃的な結末以後 ‘アベンジャーズ:エンドゲーム'(以下 ‘アベンジャーズ4’)にキャプテンマーブルの登場が予告された。キャプテンマーブルは来る4月封切りを控えて ‘アベンジャーズ4’の話で行く仮橋役目をするので大きい関心を集めている。時間的背景は1995年で、マーブル映画の中一番先立った時代を扱う。他のマーブル作品との連結の輪、この映画がマーブル世界観の流れに投げる糸口は何のあるか全世界ファンの耳目が集中されている。いっしょにキャプテンマーブルとアベンジャーズを結成したシールド局長ネッキピュリのアクションとユーモアが調和したコンビプレーが描かれることは勿論、ネッキピュリが一方目を失った事情、アベンジャーズを結成したきっかけなどマーブルの裏話が公開されると知られてもっと期待を増幅させる。’キャプテン・マーベル’は封切りの前から全世界的に ‘最高期待作’として数えられて勢いをぱっと広げている。映画専門サイトボックスオフィスプロは映画の北米オープニングスコアを1億4000万ドルから1億8000万ドルの間で予測した。海外有数マスコミもその間世界観客に会って大きい興行を成したマーブル映画と比べてこの映画の高い興行力を見通している。映画の国内配給社ウォルトディズニーカンパ二ーコリアは “が同じ北米オープニングを樹立したら全世界ボックスオフィス10億ドル突破までも可能な見込み”と見込んだ。’キャプテン・マーベル’は来る3月6日全世界最初国内映画館通りを尋ねて、二日後北米で封切りする。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746630.htm, 2019/02/27 10:02:36]