‘クァク・スンジュンのクルカだ’, 女性独立運動家再照明…’花火のように住んで行った彼ら’

xMFTttB_o

時事教養プログラム ‘クァク・スンジュンのクルカだ’この3・1運動100周年特集に放送される。今日(27日) 放送されるtvN ‘クァク・スンジュンのクルカだ’で出演陣たちは3・1 運動及び大韓民国臨時政府樹立100周年を迎えてその間知られなかった女性独立運動家を再照明する。この日放送には3・1 運動及び大韓民国臨時政府樹立100周年記念事業推進委員と同時に韓国女性独立運動研究所所長シムオックズ、歴史作家パク・グァンイル、アイビーリーグ出身歴史学徒と同時に ‘戦犯船と両班たち’ ボーカルである戦犯船が出演して柳寛順烈士と西大門刑務所8番(回)部屋に一緒に収監された女性独立運動家らの生に関して話す。先にこの日放送で戦犯船は柳寛順烈士など女性独立運動家が大挙収監された西大門刑務所8番(回)部屋を直接探して女性独立運動家の足跡を察してみる。その過程で芸者キム香華を含めて妊婦だったイムミョンエ知事、視覚障害人シムヤングシック知事のエピソードが公開されて解けないことをプレゼントする予定だ。またこの日放送では柳寛順烈士と監獄仲間たちの獄中で歌ったという歌が100年ぶりに再誕生して耳目を捕らえる予定だ。最近シムヤングシック志士の息子文殊であるさんがお母さんに入った ‘大韓が住んだ’ 歌家事を公開して話題になる中に、’戦犯船と両班たち’はこの歌をロックスタイルに再解釈して感動の舞台を広げること。文殊であるさんは100年ぶりに生き返えた歌に “この歌は国民皆の物”と言いながら “多くの人の口に響いてほしい”と伝えた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746637.htm, 2019/02/27 10:41:53]