スクリーンで開かれるソル・ギョングの父性愛

QysHttB_o

今春スクリーンではソル・ギョングの顔をかなりよく見るようになる見込みだ。彼は映画 ‘偶像'(監督イ・スジン) ‘誕生日'(監督イ・ゾンオン)で来る3, 4月観客と会う予定。ソル・ギョングは偶然にも二つの作品皆切々たる父性愛を描いた。各作品でどんなお父さんの姿を描くか関心が集中される。来る3月封切りする ‘偶像’は息子の事故で政治人生最悪の危機にあうようになった男救命回(ハン・ソッキュの方)と命みたいな息子が死んで真実を従うお父さんユズングシック(ソル・ギョングの方), そして事件当日秘密をおさめたまま消えた女ツェリョンファ(チョン・ウヒの方)まで、彼らが盲目的に守りたがった血なまぐさいチン糸に関する話を取り上げた。ソル・ギョングは映画で予想する事が出来ない事故で命とも同じだった息子を失って息子の死に縛られた真実を従うお父さんユズングシック役を務めた。彼は子を失った悲痛な心情と息子が掛かり合った事故の秘密を執拗に暴く父性愛が入りまじたユズングシックを完全に見せてくれる予定だ。製作陣によればソル・ギョングは悽絶な父性愛を表現するために本気を盛ってその誰より熾烈に演技した。デビュー以来一番破格的なヘアスタイルを披露した彼は6ヶ月と言う(のは)長い時間の間ひたすらキャラクターのために脱色頭を維持することも厭わなかったという裏話だ。特に足つきから姿勢、言いぐさまでユズングシックと完成度高く童話されるために努力した。’偶像’は3月封切り予定で日付は未定だ。ソル・ギョングが ‘偶像’で悽絶な父性愛をそして来る4日封切られる映画 ‘誕生日’では切々たる父性愛を描く予定だ。この作品は2014年4月16日世を去った息子の誕生日、残された人々がお互いにおさめた記憶を一緒に交わす話だ。セウォル号を素材にした位つとに多い人々の関心を集めている。ソル・ギョングは映画で家族に対するすまないことを抱いてサルがアはパパ正日役を務めた。大事な息子が去った後、残された家族の話を真正性あるように広げて観客たちの心を響く予定だ。特に立ち去った息子に対する懐かしさを抱いて生きて行くママスンナム役を務めたチョン・ドヨンと演技呼吸も期待を集める。’誕生日’はイ・チャンドン監督の ‘密陽’と ‘時’で演出部で活動して内攻を積んだ新人イ・ゾンオン監督がメガホンを取った作品だ。この監督は “消しにくい傷を持ったすべての人々と心を交わすことができる映画になったら良いだろう”と言った。4月3日封切り。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746631.htm, 2019/02/27 09:50:01]