スター熱愛説、’認定’と ‘奥さん’の微妙

iBXlttB_o

パク・ソジュンとパク・ミンヨンの熱愛説は去年7月tvN ‘キム秘書がなぜだろう’ 終映翌日裂けた。パク・ソジュンは熱愛説がはみでた後1時間ぶりに所属社を通じて “熱愛説は事実無根”という立場を明らかにした。パク・ミンヨンやっぱり “作品を一緒にした親しい仲間であるだけ”と線を引いた。’ソングソングコプル’に引き継いだ ‘パク泊カップル’ 誕生に関心が集められたふたつの熱愛説はハプニングで終わった。それでもふたつの ‘ピンク気流’を疑うファンの目はしばらく消えなかった。どうしてそうだったろうか。まずSNS上出回った写真など多くの情況が非常に具体的だったという点だ。パク・ソジュンとパク・ミンヨンはもう熱愛説1年前からそれぞれのインスタグラムに同じ帽子と靴写真を載せたことがある。パク・ソジュンが2017年2月Bブランド野球帽子とEブランドスニーカーを撮った写真を載せ、パク・ミンヨンも同じ製品を着用した写真をポスティングした。このためにネチズンたちは “カップル帽子と靴を並んで購買したことではないか”と疑惑を提起し、渦中にドラマ ‘キム秘書’の鏡餠セーミがあおいだ。パク・ミンヨンは又の日このドラマ終映インタビューでパク・ソジュンとはみでた熱愛説に対する本音を明らかにした。彼は “そのままクールするように笑ってすもうと思ったがあまり派生されて出る記事がたくさん出て悩み苦しみ、ハプニングで越すことができなかった”と “チァギブギになった証拠は事実ではないから堂堂と言える”と言った。彼はまた “監督様インタビューや他の俳優インタビューもあるのに (彼らの苦労は目立たないで) 熱愛説にだけ集中されているから (まるで私の過ちそうに) 心的に重かった”と打ち明けた。◆ 未完の ‘パク泊カップル’, カップルスニーカー帽子疑惑ドラマの中鏡餠セーミが熱愛説発展熱愛説は一度疑心を買えば当事者たちの奥さんにも後書きがずっと出るようになっている。特に海外旅行など行績に疑惑を招くに値する情況が現われた場合には集中ターゲットになったりする。カン・ドンウォン-ハン・ヒョジュ、ヒョンビン-ソン・イェジンのアメリカデートが代表的なケースだ。マートやショッピングモールでの目撃談(写真)にもかかわらず “日程が重なって会っただけ”という解明がかえって疑惑を育てた。彼らに対する疑心の目つきは当事者たちの解明にもかかわらずソン・ジュンギ-ソン・ヘギョカップルの事例を持って “もうちょっと見守らなければならない”と言う気流で固まった。芸能界には ‘ペバック証拠'(デート現場捕捉みたいな確かな物証)が出る前には無条件否認するのが上策と言う言葉がある。会って別れることがあんまり茶飯事なので6ヶ月未満の別れもおびただしくて、いつ別れるかも知れない状況で熱愛やスキャンダルの ‘跡’だけ累積する可能性を気経に受け入れるわけない。もちろん奥さんだけが解法ではない。今すぐ急な火を消そうとしたが後日 ‘率直ではなさ’と言う(のは)ブーメランになることもできるからだ。それで最近には行くほど ‘クールする認定’を選ぶ成り行きだ。情況が現われた熱愛説まで無条件否認することは ‘得’より ‘実’が多いことがある。どうせ避けることができない状況なら早くてクールするように認める正攻法が優れるという話だ。これは別れる時別れても ‘現在の感情’に充実だという肯定の表出であるかも知れない。ひととき芸能人たちの間にはびこった ‘混戦姙娠隠すこと’が消えたこともこんな理由と無関係ではない。わずか何ヶ月後現われる ‘嘘結果’に各々恥ずかしくなる経験が繰り返されながら自然に半面先生になったわけだ。◆ ‘SKYキャッスル’で結んだキム・ボラゾビョングギュの愛、ファクトチェック ‘恋人の間’ 確認キム・ボラ(24)-ゾビョングギュ(23)はJTBC 人気ドラマ ‘SKY キャッスル’が作ったカップルだ。ドラマがあんまり話題を集めたやけどして主演俳優劣らない助演と子役たちの演技が目立ちながら関心が爆発した。彼らは ‘SKY キャッスル’ 中で甘ったるい恋人の雰囲気を漂う男女主人公ではないうえ一緒にする場面も多くなくてドラマを着実に視聴したファンさえいぶかしがった組合だ。段初は自ら提供した。二人がそれぞれSNSにあげた文と写真はだれが見ても ‘友情’を超えた ‘愛’だった。ドラマメイキング映像の公開時点を前後して恋人なのを疑うようにする証拠はあふれたがふたつは放送と個人放送などで積極的に関係を否認した。先月31日課7日放映されたKBS2 ‘happy together4’に出演して “メイキング映像が妙に出たことであるだけ”と言いながら熱愛説を骨切って否認した。もう一さじすくい取ってゾビョングギュは自分のSNS ライブで “恋愛しなくて、したい人もいない”と言い切ったりした。ところでその瞬間にもふたつはもう好感の感情を越して愛で発展した恋人だった。忙しい日程中でも一緒に映画を見て食事をしたし、心安く路上デートを楽しんだ。彼らは出演陣と一緒に去ったタイプケッ褒賞休暇を行って来た後にはもっと親密な姿を見せた。確かな情況にもかかわらずではないと否認すればもっと知りたいものと決まっている。こんな知りたい事をベースに街ファクトチェックに出て、報道後には直ちに認めた。ドラマの中主人公たちを眺める視聴者たちの雪道は関心を与える位鋭くて鋭利だ。くしゃみ位隠すことができないのがすぐ愛だ。一度隠し始めれば終りがない。嘘が嘘を生むしかない。また他の言い訳を言う心も楽なわけない。熱愛説の否認と詩人の心情が分からないところではないが、明らかな点は元気な男女の愛は罪ではないという点だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746620.htm, 2019/02/27 08:29:03]