バン・シヒョク、クムオブヌン大人が作った防弾少年団

NonwstB_o

“だね、OO 記者様、こんにちは。嬉しいです。質問してください。”去る2017年、ビックヒトエントテインモントのバン・シヒョク代表を初めて向い合った瞬間だ。ゴチォックドムで開かれた防弾少年団の ‘ウィングズツアーファイナル’ コンサート記者会見であった。質問する取材陣の名前を一命じた人呼んで丁寧にあいさつして返事を準備する部屋代表の姿はとても長年の時間記憶に残った。初めに見る生硬な場面だったからだ。現場で質問した記者の中には部屋代表よりしばらくは幼い20代初・中盤の記者が大部分だった。しかし部屋代表は汗までダックアがであり防弾少年団の今後のワールドツアー計画課、アルバムリリース日程などを説明するのに忙しかった。質問した記者を最大限満足にさせようとする彼の努力が覗き見える誠意ある返事だった。所属歌手の記者会見に直接参加した代表。それも足りなくて代わりに出てマイクを握って首を下げてあいさつするなんて。期待も、予想もなかった姿だ。そのためだろう。部屋代表が見つけて育てた防弾少年団はデビュー6年目になった今もアイドルなら一度経験してみた人性・態度論難に巻き込まれた事例がただ一番(回)もなかった。付け加えようとすると防弾少年団が愛される最大の理由の中で一つは多様な舞台でも選り分けないで骨がこわれることのように最善をつくして踊って歌う姿おかげさまだ。謙遜な態度もそうだ。バン・シヒョク。防弾は彼が好きな代表だ前に、尊敬する歌謡界先輩と言う。描いて26日、彼が祝辞をしようと壇上に上がった後には多くの人々が彼を ‘本当に大人’と呼んでいる。自らを大人だと紹介して ‘なの’ ‘あなた’ ‘年も幼いのが’ ‘何をしているのか’ ‘上司がさせたがまともにしたか’ と言うことだけ大人である人ではなく。固着化された悪いものなどに対して怒ることができる勇気ある ‘本当に大人’ 言葉だ。k-popに全世界に善良な影響力を伝えている防弾少年団のお父さん、バン・シヒョク代表が26日午後、母校ソウル大学を尋ねて卒業する後輩たちのために祝辞を進行した。自らを ‘不満多い人’と紹介して壇上に上がった彼は学校を発つ後輩たちを向けて多い話をしてくれた。そして彼の祝辞は仮に彼の後輩だけではなく現時代を生きる多い青春に希望を、そして既成世代には恥あるいは熱い共感をプレゼントするのに十分だった。部屋代表は自分がエンターテイメント業界に携わるようになった理由を伝えてアイドル音楽を非ハハは文化をつねた。広く見れば仮に音楽を非ハハはのだけではなく現時代を生きる青春の状況を無視してしまう状況などが自分を怒るようにしたことだと言って自分を不幸にさせる現実と戦って積極的にブンノーハとも助言した。線に沿って否定的な欲望を止揚して、同時に幸せを争取することを助言したりした。部屋代表は自らを ‘組むんだって世代’だと称したりした。しかし夢がない若者に後ろ指を差すよりは尊重すること、彼らを責める既成世代に怒る姿は ‘組むんだって’とは距離が遠かった。k-popを愛する熱情的なファンを ‘猛烈ファン’だと呼ぶ人々にも怒った。音楽する若者達に本人の権利をチァッウとも促した。”今大きい夢がないと具体的な未来の姿を描くことができなかったと自己恥辱感を感じる必要が全然ない”と多読でもあった。バン・シヒョク代表の祝辞はソウル大学卒業生だけではなくうちの皆に示唆するところが大きい。祝辞を見たある人は部屋代表の富力にフォーカスを合わせて防弾少年団と言う(のは)グローバルグループを作ったということに重さを加えたりしたが、彼が怒った地点こそバン・シヒョクと防弾少年団の作る音楽が愛される理由ではないか。夢がなくても幸せなことがあると信じること。常識に基づく幸せのために暮すこと。優雅に尊敬され方を分かる ‘本当に大人’, 部屋代表のリーダーシップを、開かれた心得をもう一度何度もじっくり考えてみる時だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746603.htm, 2019/02/27 05:00:02]