下誠運、’空の間’ 手を取り合って悠悠と飛ぶ ‘BIRD'(総合)

WNfQvtB_o

“‘BIRD’がどんな鳥を意味するかって?私のファンクラブ ‘空’の名をつけて ‘空の間’を意味すると思います。”歌手下誠運がソロ歌手として第一歩を踏み出した。27日午後4時ソウル市広津区イエス24 ライブホールで下誠運デビューアルバム ‘My Moment’ 発売記念ショーケースが開かれた。’My Moment’は朝、お昼、午後、夜明けなど多くの時間どおり分けられた下誠運の日常的な瞬間を盛った。アルバムには去る1月売り出した ‘イッジマです’を含めてタイトル曲 ‘BIRD’ 私を好きだと ‘今日は必ず言ってくれ’という結ぶのを愉快に表現した ‘五。必ず。言葉’, 訴える力濃い下誠運万のボーカルを見せてくれる ‘ふっと’, のべつ幕無しに駆けて来た一日の終りと寂しさ、さびしさをささやくように歌う ‘Lonely Night’ まで合計5曲が収録された。特に今度アルバムは下誠運が初めて総括プロデューサーを務めたアルバムで作詞、作曲はもちろんミックス、マスターなどすべてのアルバム作業過程に参加したからその意味が特別だ。この日ショーケースに参加した下誠運は先に ‘My Moment’ 発売所感を明らかにした。彼は “緊張されるがときめく部分もある”とし “以前にハッシャッ、ワーナー院でお見せした音楽とは違う性向の音楽たちを作業した”と説明した。引き継いで “大中分たちが以前にお見せしなかった自分の音楽的姿をどう受け入れるか心配になったりするが一応アルバムを公開したという点で気持ちが非常に良い”とときめく気持ちを隠さなかった。今度アルバムで成したい目標も明らかにした。下誠運は “成績が良ければ尻馬に乗って気持ちも良いが、一応今度活動では大きい成績を出すということに焦点を合わせなかった”とし “成績よりは私が好きな音楽、私ばかりの話を大中分たちによく伝達したい”と言う念願をあらわした。タイトル曲 ‘BIRD’は粋なシンスパッドとドラムビートの上に軽快なメロディーが目立つ曲。鳥の羽ばたき、空に飛ぶ姿などで着眼した振付師印象的だ。下誠運はタイトル曲選定理由で “‘BIRD’が私に羽をつけてくれたと思うからその点を ‘鳥’で表現したかった”と説明した。引き継いで “私に飛ぶようにしてくれた方々は ‘空'(下誠運ファンクラブ名前)でもあるのにファン方々島一緒に行こうという意味を盛った”と付け加えた。下誠運はファンクラブ ‘空’を向けた愛情も相当だが、この間活動を終了したグループワーナー院に対する愛情も大きかった。下誠運は “幼い頃から歌手の夢を育てながらしてみたいものなどが多かったがその多いものなどをワーナー院活動を通じて経験した”とし “それで本当にありがたくクムガッドン時間だった。私をたくさん成長するようにした時間だったし愛着を持つようにした時間だった”と明らかにした。引き継いで “ワーナー院メンバーたちも ‘My Moment’ 活動を向けて期待感と応援をたくさん表現してくれた”とし “この間ティーザー映像が出た時ダントックバングが活発だった。まだまでもお互いにたくさん関心を持ってくれて応援する”と言った。今度活動で ‘自分の話’をよく伝達するシンガーソングライターで成長したいという下誠運。彼の話が盛られた一番目アルバム ‘mu Moment’は28日午後6時各種音源サイトに公開される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746709.htm, 2019/02/27 18:36:31]