性接待疑惑カトックで ‘崖の先’に立った勝利

U0LirtB_o

勝利(29)の全盛期はこんなに幕を閉じるのか。軍隊行ったビッグバンメンバーたちの代わりをして多方面で活躍を広げた彼はデビューであると言う異例的な関心を受けた。その間メンバーたちの陰に選り分けられていた位彼の活躍は目立ち、勝利の全盛期が渡来するようだった。しかしその時間は短かった。暴行事件で始まったクラブボニングソン論難は勝利の性接待疑惑まで催した。勝利は崖っぷちに立っている。26日午後ビッグバンの勝利が財力家を相手で性接待を疑うに値する情況が捕捉されたという報道が出た。SBS funEは2015年末勝利と歌手Cさん、また勝利が設立を準備の中だった投資会社硝子ホールディングスのユ某代表と職員キムさんなどが分けたカカオトークを手に入れたと対話内容を公開した。内容には性接待情況が盛られた。SBS funEが報道したカカオトーク資料によると勝利は2015年12月6日午後11時38分頃チャットルームで職員キムさんに外国人投資者Bさん連中を言及して “クラブアリーナにメイン席を用意して女の子たちを呼びなさい”と指示した。当時カカオトークでキムさんは勝利の指示を受けた後 “席メイン二つに警護まですっきり付けて行くことに…ケア上手だ”と返事した。すると勝利は “女は?”と聞いて “よく与える子たちで”と付け加えた。性接待が可能な女性を要求したことに推定される部分だ。当時投資者Bさんは女性だったが、一緒に探した仲間たちは台湾人男性たちだったと知られた。直ちに勝利の所属社YGエンターテイメントは “本人確認結果、該当の記事は操作された文字メッセージで構成されたし事実ではないことを明らかにする”と否認した。引き継いで “維持して来た基調どおりにせ物ニュースを含めたルーマー拡大及び再生産など一体の行為に対して法的に強硬対応することをもう一度申し上げる”と強硬な立場を明らかにした。この過程でまた他の問題が発生した。硝子ホールディングスの共同代表であるユさんが俳優パク・ハンビョルの夫であることで現われたからだ。パク・ハンビョルの所属社側は “一般人夫のプライベートであるだけに出す立場(入場)がない”と言った。事件の中心にある硝子ホールディングスは性接待疑惑報道に対して “カトック内容は全部事実無根であり、勝利と会社に恨みを抱いている誰かが虚偽に操作されたカトック内容を情報提供していてこれは確認手続きなしに報道された虚偽事実”と公式立場(入場)を通じて明らかにした。この事件と係わって現在ソウル警察庁広域捜査隊は内査に取り掛かった。勝利召還可否は未定の状態。広域捜査隊は現在ボニングソンの麻薬及び性暴行、警察癒着疑惑などを調査中だ。ネチズンは ‘操作をした’と言うのに信じない雰囲気だ。大部分ソングゾブデ疑惑に重みを置いている反応が多い。”記者が盾なしに記事書いたの?ぱんと投げてから原本カンダに一票歩くよ”(zoam****) “あんな欠かす操作して何をするのか”(tim8****) “操作は何の操作。話になるのか?操作が”(jmy2****) “そう行くまで行ってみよう”(minj****) “スングツビスングツビしたら。勝利社長の結末はギャツビー体たらくだね”(tues****) “捜査ハックシルヒしろ。押収捜索してすべてのカトック文字電話捜索して麻薬検事もして口座ドンゴレも精密捜査しろ”(bepa****) “操作だと?他の証拠もっとないがあんな話せなくしてしまいなさい”(tess****) などの反応を見せている。tues****) 現在YGエンターテイメントと硝子ホールディングスが性接待疑惑と係わって積極否認した状態だが、広域捜査隊の捜査結果が真実を選り分けてくれるようだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746595.htm, 2019/02/27 00:00:05]