“なくてはならなくて” ユ・ジテスクリーン ‘烈日’ 歩み

OpbzztB_o

俳優ユ・ジテが最近多様な映画でなくてはならない主要配役で登場して ‘シンスティルロ’ 役目をたっぷりしている。映画 ‘サバハ'(監督チャン・ゼヒョン) ‘殺人魔ジャックの家'(監督ラース・フォン・トリアー), 封切りを控えている ‘お金'(監督パク・ヌリ) などに出演した彼は分量、配役を去って限界ない延期スペクトラムを見せてくれて観客の好評を博している。◆ ‘サバハ’に出ると?’サバハ’を見ない人々なら、この映画にユ・ジテが出るという事実にびっくりするでしょう。主演俳優はイ・ジョンジェ、パク・ジョンミン、イ・ジェインなどだが実はこの作品でなくてはならないキャラクターはユ・ジテが引き受けた金東秀役だ。ユ・ジテは映画初登場からミステリーした存在感で観客たちの目を捕らえる。彼はパク牧師(イ・ジョンジェの方)が向い合う疑問の人物中一人。終始一貫気に止めない姿を見せて彼の正体に知りたい事を高める。ユ・ジテは特有の目つきと強い存在感で金東秀のミステリーすることを極大化した。映画中盤部から流れの中心にいる金東秀は作品の没入島をいっそう引き上げる役目をする。◆ ‘殺人魔ジャックの家’にはいつ出演したそうだ?ポータルサイトにユ・ジテを検索すればハリウッド映画 ‘殺人魔ジャックの家’が連関検索語に登場する。理由は彼がこの映画にカメオに出演するからだ。’殺人魔ジャックの家’は狂気に捕らわれたジャック(メッディルラン分)の話を描いた作品でユ・ジテはジャックの見代わりで登場する。先立ってこの映画は2018年カンヌ映画祭で上映当時20分ばかりに100余名の観客の退場する状況が発生するほどに高い守衛のため関心を受けた。そんなせいに国内俳優であるユ・ジテが出演した事実が知られてもっと大きい関心を受けている。所属社BHエンターテイメントによればユ・ジテはラース・フォン・トリアー監督の撮影現場が見たいという理由一つだけでハリウッドに向けた。映画末尾約5分余りにかけた殺戮場面で人質につかまって苦しむ姿で登場する彼は短い分量にも一気に視線を捕らえる。◆ ‘お金’ではどう出ようか?’お金’でも彼のミステリーした活躍は続く予定だ。ユ・ジテはベールに包まれた作戦設計者番号札役を務めて作品の核心キャラクターで活躍する見込みだ。ユ・ジテの演技した番号札は設計ばかりしたと言えばものすごいお金を掻き寄せるものの、実体が一度も現われたことがないベールに包まれた作戦設計者だ。一度働いてみると番号札抜いて待つブローカーたちが並ぶほどだと番号札と呼ばれる。ユ・ジテは番号札役で存在自体が脅迫的な人物を動感あるように演技した。作戦を指示する電話声、黙黙と眺める小さな目配せ一つだけでも緊張感を導き出す。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746761.htm, 2019/02/28 09:57:26]