イ・ピルモに興って、キム・ジョンフンで滅びた ‘恋愛の味’

a0r9wtB_o

思いきりよくできるようだったTV朝鮮芸能番組 ‘恋愛の味’に危機が尋ねて来た。出演陣キム・ジョンフンが私は彼女に姙娠中折れを慫慂したという消息が知られながらだ。先立ってイ・ピルモが ‘恋愛の味’で会った縁が実際結婚につながりながらプログラムに対する話題性と好感島が高くなったがキム・ジョンフンが灰を振り撤くようになった姿だ。去る21日シーズン1が幕を閉じたが一刻ではこの事態をあらかじめ分かって先手を打ったのではないかと言う疑心の声も出ている。キム・ジョンフンの論難でその被害はキム・ジンアがそっくりそのまま受けている。キム・ジンアは ‘恋愛の味’でキム・ジョンフンと結ばれた縁だ。去る21日最後の放送で二人は初出会いの思い出を振り返って、記念日を取りそらえるなどの姿を見せてくれてこれからずっと出会いを引き続くことを示唆した。しかし放送が終わってから5日ぶりにキム・ジョンフンが私は彼女に被訴されたという報道が出ながら論難になった。キム・ジンアは27日自分のインスタグラムに “私大丈夫だ。どん詰まりに訳もなく苦労した製作陣方々だけ悪口を言われてする度に息苦しかったがむしろ幸いだ”と心境を伝えた。引き継いで “非公開やコメント閉めなさいと心配たくさんしてくださるのに私が間違ったのでもなくてそのまま私の空間であるこちら、いつかはまた十でしょうにあの時またこの事上気するようでかんのむしも出て私の隠れる理由はないから”と言いながら “お母さんお父さん夜明けから私心配して眠り来ないと連絡いらっしゃる時あの時だけちょっと泣いた。実は私はてんから大丈夫だ。口舌上がるのがちょっと難しくはあるが心配してくださって感謝する”と付け加えた。’恋愛の味’ 製作陣は事件が起こった去る26日 “‘恋愛の味’ 出演の前辞書インタビュー当時、キム・ジョンフンが恋愛しないか2年が過ぎたという話とともに恋愛に対する格別の意志を見せ、製作陣はその真正性を信じてプログラム出演を進行した”と明らかにした。引き継いで “記事を見て製作陣も戸惑う。早いうちに事実確認になってほしい”と公式立場(入場)を出した。これと関して所属社クリエイティブ光は “本人に確認中”という立場だけ明らかにするだけその後で黙黙無答状態を維持している。ニュース1は26日 “キム・ジョンフンと恋人関係人Aさん(30)が去る21日ソウル中央地方裁判所に約定金請求訴訟を提起した”と報道した。同時にA さんは “キム・ジョンフンが渡すことにしたという賃貸借保証金残金を請求する内容の所長を提出した”と法曹界の言葉を借りて伝えた。報道によるとAさんは所長で姙娠以後子供の出産を置いてキム・ジョンフンと葛藤が深くなったし、キム・ジョンフンが自分のイメージのために姙娠中折れを慫慂する態度を見せた。以後Aさんはキム・ジョンフンが賃貸借保証金1000万ウォンと家賃を解決してくれると言ったが彼が賃貸人に契約金100万ウォンだけ支給した後連絡を切ったと言った。Aさんはキム・ジョンフンにキム・ジョンフンに賃貸借保証金残額900万ウォンと賃貸期間内家賃を請求したとニュース1は伝えた。来る5月9日シーズン2を予告した ‘恋愛の味’.無事に視聴者のそばに帰って来ることができるか関心が集中される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746707.htm, 2019/02/28 00:00:04]