コ・アソンの ‘抗拒:柳寛順話’, ‘サバハ’ ‘証人’ 過ぎようか

p3KMztB_o

3.1 運動100周年を記念して作った映画 ‘抗拒:柳寛順話’が封切り初日全体ボックスオフィス3位に名前をあげた。28日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計結果によれば映画 ‘抗拒:柳寛順話'(監督チョミンホ)は去る27日封切りして全国737個劇場で2,861番(回)上映されて一日の間9万9,758人の観客を動員した。封切りの前試写会観客などを合わせた累積観客は10万2,748人だ。’抗拒:柳寛順話’は3.1 万歳運動を素材にして世評もならない西大門監獄8号室の中、魂だけは誰より自由だった柳寛順と8号室女性たちの1年間の話を盛り込んだ。映画は独立運動家以前に一名の人だった、十七少女柳寛順の心に付いて行くことに重さを置いた。万歳運動以後、私たちが分からなかった柳寛順の生を黒白映像にどっしり盛り出そうとした。主人公柳寛順はコ・アソンが引き受けたしキム・セビョク、キム・イェウン、ゾングハダムなどがっちりしている演技力を持った俳優たちが一緒にした。同じ日ボックスオフィス1, 2位はそれぞれイ・ジョンジェパク・ジョンミン主演の ‘サバハ’とチョン・ウソンキム・ヒャンギ主演の ‘証人’が占めた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746773.htm, 2019/02/28 10:53:03]