“私どもが怒ったんですって?”舞台の下 ‘世の中スンドング’ 7人

dKKZCtB_o

“モンスタエックスは今度にも頭に来ただろうか?”モンスタエックスラウンドインタビュー日程が決められるやいなや入ったつもりだった。毎度音楽放送で見ているモンスタエックスは常にいっぱい頭に来たように大柄で険しい身に怒った顔で、まるで何でも叩き壊すことのように舞台を掌握したからだ。デビュー超からモンスタエックスが彼らばかりの ‘シグニチュア’のようにユ・ジハン強烈な色とコンセプトが分かっているのに入ることができる知りたい事だった。しかし “今度はどんな男前コンセプトを持って帰って来ようか?”という期待感が作用する一方、”舞台の上彼らの姿がもしかでも実際性格と似ていないか?”という心配でもことも事実だった。先月19日、ソウル市江南区スタスィブエンターテイメント社屋でモンスタエックス新しいアルバム ‘WE ARE HERE’ 発売記念ラウンドインタビューが進行された。この日社屋に到着した後一番先に会ったメンバーミンヒョックはこんな心配とちょっと相反した姿を見せた。インタビュー室を探すことができなくて関係者に “インタビューをするためにはどこに行かなければならないんですか?”と聞いた時、ちょうどその関係者と話の中だったミンヒョックは初面にもかかわらず “こんにちは!”と頭を下げて恭しくあいさつを掛けて記者をやさしく当たった。”私どもが怒ったんですって?そうですね、それは私のラップのためではないでしょうか?”メンバーたちも自分たちに大衆が持っているこのイメージをよく分かっているようだった。これと関した質問が出ると、ズホンはソンサレを打って “モンスタエックスは強くてセンイメージを見せてくれようと思っていると、私がそのようにラップをするんですよ。それでそんなに思うようです”と答えた。引き続きヒョングワンは “そんな反応はうちの身のためそうなのを首都あります。うちのグループがみんなフィジカルがとても頭に来ているんですよ”と言いながら “ところが私とミンヒョックイがその火をヌグロトリは身を持っていて大丈夫です”と付け加えてメンバーたちを笑い海で作った。一度かめばおかない鰐の本能で着眼して作ったタイトル曲 ‘Alligator’を含んだ ‘WE ARE HERE’.モンスタエックスが去年10月発表した ‘ARE YOU THERE?’を引き継ぐ二番目正規アルバムだ。喪失と彷徨の間で希望を探すという主題を貫いたアルバムは ‘あなたと私、私たちだから感じることができる感情’を歌う。この過程で愛、夢などが曲ごとにそれぞれのチャプターに表現されてその一つ一つの震動が集まって ‘共感’と言う(のは)キーワードを派生させる。モンスタエックスはタイトル曲 ‘Alligator’に関して “以前タイトル曲 ‘Shoot Out’は初盤部にだけ強烈で実際にリフレーン部分はのっぺりしている行くことがあっていたが、今度 ‘Alligator’ははじめから最後までパワーあって印象的な踊りでいっぱいになって退屈な振ることがない”と説明した。また鰐の多くの動作で着眼した振付に関してモンスタエックスは ‘のっそりと踊り’と名付けたと言った。記者の錯覚であることもできるが、モンスタエックスは思いやり心があふれるグループでもあった。インタビュー序盤、各各名前を言わないで長たらしく返事を列べる彼らを見てそそくさとプレスキットを越して個人写真を掻き回したり手探りしている時、ミンヒョックとヒョングワンと目があった。偶然なのか、その後からミンヒョックとヒョングワンは返事をするのに先立って “私はミンヒョックですが” “私はヒョングワンですが”という言葉を必ず前に付けながら答え始め、引き続き他のメンバーたちも返事の前名前を名乗って容易にインタビュー流れを導いて行った。特にヒョングワンはメンバーたちを向けた思いやり心が目立った。ホットピンクで染色した援護の頭色が言及されると、援護は “そのまま ‘Alligator’に似合うようでこの色で染色しました”とスックスロブゲ言葉を濁ごしたが、ヒョングワンは “元々ミュージックビデオでは援護兄さん(型)頭が白ですよ、ところで援護兄さん(型)がモニタリングをした次に急に ‘ピンクがもっと似合う’と言って一気に染め付けをするんですよ”と説明した。ズホンは無双のちょっと荒しいような顔と違い ‘ホ糖米’があふれたりした。2019年どんなアイドルになりたいかと言う質問にズホンは “私は歌謡界 ‘ジョーカーカード’になりたいです”と答えたが、少し急な単語選択にインタビュー室がしばらく沈黙に包まれよう “とても急ですか?”とげらげら空笑いを噴き出して頭を掻いた。ここに他のメンバーたちが “切り札?””ゴールデンカードを言いたかったのです?”と手伝って収拾に取りかかり、さらに援護は “こんなに大韓民国の経済を生かす歌手になりたいです!”その叫んだ。メンバーたちの助けでズホンは “‘ジョーカーカード’ ‘切り札’ ‘ゴールデンカード’ なんかこのような修飾語を得たいです”と言いながら “モンスタエックスが出れば ‘歌謡界に切り札が出たな’と思うように努力します”と説明した。”2019年どんなアイドルになりたいか”と言う質問に援護は気ばたらきある返事を出したりした。ミンヒョックが “どんな風波にも対立して搖れない ‘ドルメン’になりたいです”と答えると、これを見ている援護は “私はそれでは ‘くるくるが'(洗濯掃除用品)です。なんでもすべて吸いこむアイドルになりたいです”と言う思いがけない返事を出した。ますます多くなる人気と広くなる立地のため多少 ‘鼻っぱし高い’ アイドルグループではないか心配したことは杞憂に過ぎなかった。こんなに白くて清い青年の姿に一緒におおよそ七人お陰にインタビュー一時間は間和気あいあいすることができた。最後に “私どもはエスカレーターなしに階段だけで上って来ました。一気に上って来たのではなく着々と一階段ずつ上昇しながら、周辺風景も見回してチームワークも固くして見ると結局この席へ来ることができました”と言いながら変わらない初審を仄めかしたモンスタエックス。その時間があったから今の謙遜で堅固なモンスタエックスがあるのではないか。一方モンスタエックスは先月18日二番目正規アルバム ‘WE ARE HERE – The 2nd Album Take.2’を売り出してタイトル曲 ‘Alligator’で活発な活動を広げている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746840.htm, 2019/03/01 00:00:01]