チョン・ドヨンが帰って来る。.. ‘誕生日’ ‘わらくずでもつかみたいけだものたち’

jsnQItB_o

‘間の女王’ チョン・ドヨンが久しぶりに観客たちと会う。映画 ‘誕生日’と ‘わらくずでもつかみたいけだものたち’を通じるからだ。映画では ‘男と女’ 以後約4年ぶりで、久しぶりにスクリーンに帰って来るチョン・ドヨンであるだけに観客の期待はもっと高くなっている。チョン・ドヨンは来る4月映画 ‘誕生日'(監督イ・ゾンオン)封切りを控えている。この作品は2014年4月16日世を去った息子の誕生日、残された人々がお互いにおさめた記憶を一緒に交わす話を盛り込んでいる。セウォル号を素材にしていてつとに観客の高い関心を受けている。チョン・ドヨンは劇の中で立ち去った息子に対するグリムウムを抱いて暮すママスンナム役を務めて母性愛演技を広げる予定。ベテラン俳優ソル・ギョングと会って二人の俳優のシナジーに対する期待が高い。’誕生日’は ‘密陽’と ‘時’で演出部で活動して内攻を積んだ新人イ・ゾンオン監督が演出を引き受けた。’わらくずでもつかみたいけだものたち'(監督キム・ヨンフン)は ‘熱帯夜’ ‘チムゾオ’ などの作品で国内でもよく知られた日本作家牛のKeisukeの同名小説が原作だ。人間内面の恐怖と欲望をミステリー的なトリックとヌアル色彩で描いた。チョン・ドヨンはこの作品で延喜役を務めて破格的で強烈なイメージの人物である延喜役を務めた。チョン・ウソンと呼吸を合わせた彼は今度作品でどんなセーミを見せてくれるか期待を集める。封切り日は未定だ。チョン・ドヨンが今年披露する二つの作品皆あいにく新人監督作品だ。とても有名な演技派俳優たちと呼吸に、新鮮な演出力を持った新人監督の作品で復帰する位チョン・ドヨンと彼らの出会いがどんなシナジーを出すか期待を高める。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746932.htm, 2019/03/02 00:00:03]