‘皇后の品格’ オ芽鱗 “シン・ウンギョン先輩がロールモデル”

7ouQItB_o

丸い目をして、質問にきちんきちんと返事を引き続く。まだ年が幼くて作品に対して深い話をそういえば大変だが何をしてもおもしろいと言う。普段弟(妹)と遊ぶ時も延期遊びをしながら遊ぶという彼を見たら ‘天生俳優ではないか’という気がした。子役俳優オ芽鱗(8)の話だ。先月26日ソウル麻浦区上岩洞編集局でSBS 水木ドラマ ‘皇后の品格'(シナリオキム・スンオク、演出ジュ・ドンミン)を終えたオ芽鱗に会った。劇中アリゴングズ役を務めた彼は子供が付いて行くにはちょっと大変な感情演技が多かったにも安定的にやりこなした。大人俳優たちの間でも断然目立った。”ジャン・ナライ、チェ・ジンヒョク叔父、ハルマママ(シン・ウンギョン)と演技する時おもしろかったです。私と遊んでくださって、毎日毎日取りそらえてくださるから大好きだったです。特に食べることをたくさんくださったがそれが一番良かったようです!”オ芽鱗はキム・スンオク作家と縁に ‘皇后の品格’に出演した。キム作家の前作 ‘お姉さんは生きている’から熟柿役で愛されながら今度作品でもう一度会った。”作家様が今度作品で私を呼んでくださって大好きだったです。私の名前が芽鱗なので劇の中で役目名前もわざわざちくちくと痛いと言ってくださったんですよ。延期に対してもたくさん知らせてくださって、メッセンジャーでも ‘あまり苦労した’と ‘芽鱗があまりよくしてくれた’と送ってくださいました”しかし彼の引き受けた役目は易しくない。劇中アリ公州は七歳なのに毎日朝英字新聞は読むうえ礼節勉強をしてニュースをぶっ通しで取りそらえる。未就学児童なのに世過ぎにパサックする。もう只今8歳の子供がするには手に余ることもできるがオ芽鱗は完成度高くやりこなした。”毎日シナリオを受けるやいなや自分の部分に蛍光ペンで塗ります。そして私が一度読み上げて延期先生に行って学んで来ます。家ではママと一緒に練習します。”オ芽鱗は自分が演技したアリ公州とかなり似ていたと言った。”私が見るアリ公州は気付きがあって、ここで ‘がものを言うか巻かなければならないか’ よく分かる子供のようです。悩みも多くて。実際私と似ていますね。アリ公州はこの前に本もたくさん読んで勉強も熱心にしたが私もそうですよ。書き取りも今までずっと100点当たっています!”ドラマを撮影しながら苦情もあった。去年11月に始めて去る21日終えた ‘皇后の品格’はぶっ通しで4ヶ月間撮影した。前歯二つの抜ける時期になったのだ。しかしドラマに差し支え与えることを憂慮して、かりに歯牙を付けて撮影を引き続いた。オ芽鱗は多作俳優と言っても過言ではない位に活発な活動を広げた。去年にはtvN ドラマ ‘ファユギ’ ‘アバウトタイム’ OCN ドラマ ‘ライフ全マス’, ネットフリックスドラマ ‘キングドム’を取った。短い分量だが休まないで作品をして大変な法も一所に彼は “恐ろしいことも取りたくて、コメディー映画も撮りたい”と言う。家にある時なら遊び場でも遊んで家では人形遊びをする平凡な子供オ芽鱗だ。しかし彼が一番楽しむ遊びがあると言った。すぐ2歳幼い妹とする ‘延期遊び’だ。普段にも延期と密着された生活をしているオ芽鱗は “‘皇后の品格’を取りながらシン・ウンギョンをロールモデルにするようになった”と言った。オ芽鱗のお母さんも “シン・ウンギョンさんが撮影する時なら横でじっと見守っている”と手伝った。”私がカメラを持って弟(妹)にせりふを知らせてくれ。それでは弟(妹)が演技して私が取るのですよ。たまに動物遊びもするのに私が猫をすれば弟(妹)が主人になって私の面倒を見てくれる遊びをします。本当におもしろいです。””ハルマママ(シン・ウンギョン)が1位です。おいしいこともたくさん与えてよく取りそらえてくれ。特にせりふを間違わなくて演技するのにとてもよくするようです!後で時間がたくさん経てば私もハルマママ延期必ずしたいです!”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746934.htm, 2019/03/02 00:00:04]