‘私一人暮す’ キム虫災家族史公開 ‘嗚咽’…一部ネチズン “イメージ洗濯” 非難なぜ

14UQLtB_o

デザイナーかたがた放送人キム虫災が芸能プログラム ‘私一人暮す’で切ない家庭事を告白して出演者と視聴者たちの目もとをしっとり濡らした。しかし一刻では ‘イメージ洗濯’を主張して冷ややかな反応も見えた。キム虫災は1日放送されたMBC 芸能番組 ‘私一人暮す’から亡くなったお父さんとそれによって大変だったお母さんを言及した。この日キム虫災のお母さんは息子家を尋ねて控え目に “大学院の時貸し出し受けたの返したの”と聞いた。学費を返しているというキム虫災の言葉にお母さんは “学費でもしてくれなければならないのにやれなくて”と言いながらすまないことを示した。引き続きキム虫災は最近その他を学ぶとお母さんの前で演奏をした。キム虫災のお母さんは “パパがその他をよく打った”とし “君がもうパパ従って習う時になったようだ思った”と言った。キム虫災は製作陣とのインタビューで “お父さんに対する記憶が多くない。4歳の頃ほど帰って”と言いながら “映画の中のように薄暗く何チャン面思い出す”と言って目頭を赤くした。彼は “弟(妹)が6月に生まれたがお父さんが二月前の4月に帰った”とし “お母さんが満朔の時死別したこと”と告白した。キム虫災は “あのだったらパニックで絶望的だったようだ”とし “ところでお母さんは見掛には小さくて可愛い女人だが、一方では強靭ですごい方だ”と言った。彼は “いつも息子として不足で申し訳ないのが多い”と打ち明けてしばらく言葉を引き継ぐことができずに首を下げて涙を盗んだ。スタジオでも映像を見守って涙を流したキム虫災は “娘だったらどうだったろうか。愛嬌もなくてお母さんによくして上げたいのに”と言った。親孝行一杯なキム虫災の姿に映像を見ている虹会員たちは慰労の言葉を掛けた。キム虫災の家族史が盛られた放送を視聴した大部分のネチズンたちはキム虫災とお母さんを応援する声を送ったが一部ネチズンたちは切ない家庭事を告白するにもかかわらず冷ややかな反応を見せた。キム虫災の去る行政試験のだからだ。キム虫災は去る2月3日江南区コエックスアティウム私のSMタウンシオトで開かれた背のソロコンサート ‘キレンド(KEY LAND)’ 観覧席で長年の時間個人タブレットを利用したことと伝わった。ここに一部観覧客がオンラインコミュニティなどにキム虫災の観覧態度を問題視しながら論難の中心に立った。ここにキム虫災は自分のインスタグラムを通じて謝罪文をあげた。キム虫災コンサート観覧態度事件を憶える一部ネチズンたちは “背コンサート思い出して見るのも嫌いだが”, “こんな式でイメージ洗濯するね”, “もう出たらたかったがまたイメージメイキング” などの楽聖コメントをつけた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746953.htm, 2019/03/02 12:22:11]