ワン・ソクヒョン、12年目子役俳優の ‘くそ力’

ewoHOtB_o

“幼い時から延期が私の適性ということを分かりました。5歳の頃 ‘スピードの出しすぎスキャンダル’ オーディションを私が先に見たいとマルヘッダだから11年前映画 ‘スピードの出しすぎスキャンダル’でチャ・テヒョンを向けて ‘腐る’を建てた ‘キバナオウギ洞子供’が立派な12年目俳優になった。演技に対する確固な主観を持った、大様な俳優で言葉だ。去る26日ソウル市上岩洞社屋で去る16日終映したMBC ドラマ ‘神さまとの約束’に出演したワン・ソクヒョンとインタビューが進行された。’神さまとの約束’は死んで行く子を生かすために世の中の倫理と道徳を飛び越える選択を一つ二カップルの夫婦話だ。劇の中でワン・ソクヒョンの引き受けたソン・ヒョヌは6歳の時晩成骨髄性白血病を診断を受けて臍帯血を寄贈受けて薄氷板を集めるように気をつけて暮して来る少年。ご両親にただ一番(回)も甘えや苦情を使わないで、臍帯血を寄贈してくれることができる弟(妹)がいるにもこれを拒否することができる大様な人物だ。ワン・ソクヒョンは作品で白血病にかかって心理的、肉体的に手に負えながりながらもこれを一人きり忍耐し出すが内面では深い葛藤に包まれる感情演技を卓越にやりこなす。だけでなく劇の中でママであるハン・チェヨンとは抱きしめて悲しく嗚咽したり、オ・ユナとは一場面でも滞らないで対立してその流れを導いて行く。このように大人演技者劣らない熱演で成功的な復帰を終えたワン・ソクヒョン。復帰作でこんなに難易度高い延期が要求される作品を選択した理由があるか。ここにワン・ソクヒョンは “‘神さまとの約束’ シナリオを受けた時、本当に新泊した素材という気がして必ずしたかったです”と言いながら “ともすると ‘大引け’で抜ける危険性があるがその線は過ぎないが ‘神さまとの約束’だけの新しい展開に興味が生じたから出演を決心しました”と説明した。撮影に先立ってキャラクター研究も熱心にした。ワン・ソクヒョンは “監督様が見せてくれた映像を見て白血病換羽の苦痛を悟りました”と言いながら “彼らがむしろ死を控えて悲しんだり感情の童謡を感じないでたんたんと受け入れることを見て多いことを学びました”と言った。約3ヶ月間48部作分量に放映された作品の中でソン・ヒョヌという人物に暮して来た彼。賢友に向けた愛情と理解の心も高かった。”賢友が弟(妹)の臍帯血寄贈を拒否することもそれもそのはずなかったな気がします。弟(妹)をこれ以上痛くしたくなかったんです”といっていたワン・ソクヒョンは “しかし私ならそのようにできないようです。私がもし賢友だったら、死が本当に恐ろしいようですよ”と告白した。引き継いで “私は絶対賢友位大様ではないです。賢友のように続深くてエオルンである子供は悪いです”と言いながら “私が賢友よりナウンゾムとは、同性友達だけではなく理性友達とよく似合うという位?ところであの異性友達もそうだ多くはないが。ハハ”と子供っぽい笑いで抑えた。こんなに作品とキャラクターに対する愛着も強い彼の姿は通常の子役俳優たちとは違う。まだ寝ても確立される前親の手に導かれてオーディションを見回って芸能界に足を入れるようになった人々とは全く違う態度で作品を対するからだ。ワン・ソクヒョンは “幼い年に芸能界活動をするようになったことに全然後悔がないです。’スピードの出しすぎスキャンダル’ オーディションも私が見たくて先にママに申し上げたんですよ”と言いながら “今も元々は高等学校学業は終えて復帰する予定だったが演技に対する渇望のため少し早い復帰を選択し、これも私の選択です”と言った。引き継いで “幼い頃から今まですべて私の意志と選択にこの道を歩いて来ました。後悔は全然なくて、むしろ早くもっと多い作品に会いたいという期待と胸のときめきだけです”と付け加えた。延期が良くて芸術高等学校演劇映画学科に進学したというワン・ソクヒョン。子役イメージに対する負担と恐れなく、ただ多い作品で続いて着実に延期を引き続いて多作をしたいという彼の演技熱情は通常の大人俳優にも決しておくれない。”ソン・ガンホ、ファン・ジョンミン先輩のようにすべての役目を自分のので消化する俳優になりたいです。映画 ‘ベケと’は7番(回)以上見た位です。ソン・ガンホ先輩が出演なさった映画は一つも漏らさないですべて見ました。先輩たちのようにさまざまな色をザギゴッで作り出す素敵な俳優になりたいです”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746942.htm, 2019/03/03 00:00:02]