入試からポータルサイトまで…盛りだくさんになったドラマ素材

mBOGOtB_o

視聴者たちに笑いと楽しさを、時には感動と涙を抱かれるテレビ劇場の主人公ドラマ。ますますドラマの中背景、素材が盛りだくさんになって視聴者に新しい間接経験をプレゼントしている。今年tvNでは多様な職群を背景にしたドラマが電波に乗る。去る1月初放送されたケーブルチャンネルtvN ‘ロマンスは別冊付録’は出版社を背景で本を作る人々の話を暖かく描くロマンチックコメディードラマだ。俳優イ・ナヨンとイ・ジョンソクが主演俳優で熱演を広げている。視聴者たちはドラマとして出版社ギョルの話、職員たち、作家たちの生を見て感じて出版社をいっそう深く理解するようになった。最近シナリオ演習を終えて初撮影を控えたtvN 新しい水木ドラマ ‘検索語を入力してください:WWW’はトレンドを導くポータルサイト中で堂堂と働く女性たち、そして彼らの心を振る男性たちのリアルロマンスを描く予定だ。出演学ぶイム・スジョンチャン・キヨンイ・ダヒチョン・ヘジンなどだ。日常的に使うポータルサイト内部の日常、素材だけでも興味を引き上げる。予備視聴者たちのドラマに対する知りたい事が高くなる。ドラマは素材を利用して現実の問題点をつねてより良い世の中を志向するようにしたりする。最近入試コーディネートという存在が受験生お母さんたちの間で話題だ。すぐ総合編成チャンネルJTBC ‘スカイキャッスル(SKY キャッスル)’の人気徳だ。入試コーディネートは大学入試のために内申、サークル、奉仕活動などを総合的に管理する入試専門家を言う。先月1日終映した ‘スカイキャッスル’はブラックコメディードラマで、入試コーディネートを素材で上位層の私教育現実を扱った。おもしろいストーリー、俳優たちの熱演でドラマはケーブル・終篇ドラマ史上最高視聴率23.8%(ニールセンコリア・全国・有料プラットフォーム家具基準)を記録しながら幕を閉じた。ドラマのチォンチォンした展開とストーリーが視聴者たちに楽しさを与えたら、ドラマがつねた私教育現実は現時代を振り向かせて見る人々に過限私教育に対する大きい警戒心を起こした。ハ・ジェグン文化評論家は “過去には多様な職業、職場よりはシンデレラーストーリーなどメローに焦点を合わせたドラマが多かった。視聴者たちからますます食傷するという指摘が出た”と “視聴者たちの念願に応じて製作陣も各職業群の面々をより専門的でディテールするように描き出している”とついた。引き継いで “新鮮な素材自体が視聴者たちに肯定的に作用している。また詳細的に職業世界を描きながら視聴者たちの間接体験を確張するようにする効果を出している”とドラマの中盛りだくさんの背景と素材を肯定的な視覚で眺めた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746943.htm, 2019/03/03 00:00:03]