‘神秘なTV サプライズ’ ウィルマルドルフの奇跡再照明、オリンピック3冠王

45QARtB_o

ウィルマルドルフは小児麻痺を乗り越えて陸上世界新記録を果たした果たした黒人少女だ。1960年ウィルマルドルフはロンドンオリンピックで当時世界新記録を果たしてオリンピック陸上種目で3個の金メダルを取ったアメリカ最初の女選手になった。3日午前放送されたMBC 芸能番組 ‘神秘なTVサプライズ’では ‘彼女に起きた奇跡’ 偏移電波に乗った。彼の奇跡みたいな成功を見守った視聴者たちの反応も熱い。ウィルマルドルフは1940年アメリカテネシー株クルラックスビルの貧しい黒人家庭で生まれた。体重がまだ2kgもならない未熟アジア・アフリカ生まれた後4歳になった年肺炎としょう紅熱を病んだ。以後小児麻痺障害とともにポリオビールスに感染されて手足がまひする病気まで持つようになる。黒人人種差別が深海まともにできた治療も受ける数オブオッドンデだ弱り目に崇り目意思から一生集めることができないとの診断を受けた。ウィルマルドルフのお母さんはお手伝いさんに働いて黒人を治療してくれる病院までウィルマルドルフを負って80kmを往復する真心を注いだ。家族たちもウィルマルドルフの足をボルガルアがでありマッサージをするなど運動させ、遂に奇跡が生じた。ウィルマルドルフは12歳の時は補助機関なしも一人でお正月をことがあるようになった。涙ぐましいリハビリ訓練で競走までできるようになった。偶然に陸上チームにスカウトなり、国家代表で選発された。以後ロンドンオリンピックに出場して陸上女100m など3冠王に上がった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1746981.htm, 2019/03/03 11:58:52]