クシ、コカイン吸入疑いで結局実刑5年…”鬱病ひどかった”

Aed5XtB_o

ラッパーかたがたプロデューサークシが麻薬を吸いこんだ疑いで法廷で懲役5年の実刑を球形受けた。4日ソウル中央地方裁判所第35刑事部は麻薬類管理に関する法類のための疑いを受けているクシの初の公判を開いた。この日検察は決心公判でクシに懲役5年の実刑と追徴金87万5000ウォンを求刑した。検察はこの日クシが鼻に吸いこむ方法でコカインを合計7回吸いこんだし2回コカインを買収したと球形理由を明らかにした。ここにクシと弁護人は “公訴事実を皆認める”と言った。検察は “同種全力がないが麻薬の場合法廷最高刑の下限が懲役5年の点を勘案した”と球形理由を説明した。クシ弁護人は最後弁論で “被告人は16歳という幼い年齢に芸能界に入門して二十の歳の時から一人きり活動した。この過程で極度の不安とストレスで困難を経験した”とし “晩成パニック障害と鬱病を病んで治療を通じてこれを乗り越えようと努力したが鬱病はますますひどくなった。不眠症で眠りも成すことができなかった”と言った。クシも最後陳述で “長く申し上げるお話はなさそうだ。今度仕事あってから大事なことが何やら分かって私がどう行動をしなければならないかに対してひしひし感じた”とし “一生この仕事を取り返ししながら暮すことができたら良いだろう”と善処を訴えた。先立ってクシは去る2017年11月麻薬類管理に関する法類のための疑いで摘発された。一方裁判部はクシの宣告期日を来る3月18日に決めた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747064.htm, 2019/03/04 14:22:25]