パク・ボゴム、’ソボク'(仮題) 出演、共有・イ・ヨンジュ監督とスクリーン占領予告

HOY1WtB_o

俳優パク・ボゴムが映画 ‘ソボク’に出演することに決めて ‘大勢歩み’を引き続く。所属社ブルロソムエントテインモントは4日このように明らかにして俳優パク・ボゴムがtvN ドラマ ‘彼氏’ 以後次回作を映画 ‘ソボク’で定めたと説明した。映画 ‘チャイナタウン’ 以後4年ぶりにスクリーンカムバックだ。’ソボク'(仮題)は死を控えて転職情報局要員ギホン(共有分)が永生の秘密を持った人類最初複製人間ソボク(パク・ボゴムの方)と彼を占めようとする多くの勢力の追跡の中で危ない事件に巻き込まれながら起ることを描いた作品だ。パク・ボゴムは作品で永生の秘密を持った人類最初の複製人間ソボク役を務める。’ソボク’は韓国映画最初に試みされる複製人間を素材にしたという点で期待を集める。’建築学概論’と ‘不信地獄’を演出したイ・ヨンジュ監督が作り出すストーリーとキャラクターという点も人目を引く。イ・ヨンジュ監督とパク・ボゴム、そして共有が力を合した映画 ‘ソボク’に映画ファンの目と耳が集中されている。一方共有は転職国家情報院ギホン役にキャスティングされた。’ソボク'(仮題)は2019年4月クランクインする。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747018.htm, 2019/03/04 10:13:33]