今までこんな売上げはなかった。..’極限職業’ 1376億収益

y4X0WtB_o

“今までこんな売上げはなかった”映画 ‘極限職業'(監督イ・ビョンホン)イ・ヨンファ ‘ミョングリャング'(監督キム・ハンミン)を追い抜いて歴代封切り作で売上高1位を果たした。4日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計結果によれば ‘極限職業’は3日基準で1376億9673万ウォンの劇場売上げをあげた。以前まで歴代1位だった ‘ミョングリャング’の売上高1357億5000万ウォンを超えた記録だ。’極限職業’の累積観客数は1602万9820人で、1761万5437人を記録した ‘ミョングリャング’より少ない数を記録したが売上げ面で先立った。これは劇場平均料金が上がりながら売上高も一緒に上がったことと解釈される。韓国映画平均観覧料金は2014年7619ウォンで去年8286ウォンに上がった。’極限職業’の総製作コストはマーケティング費用まで含んで95億ウォンと知られた。純制作費は65億ウォンほどで、’極限職業’は歴代封切り映画の中で一番高い収益率を記録したのだ。去る1月23日に封切りした ‘極限職業’は早い速度で歴代ボックスオフィス上位圏席に登った。2014年から1位を堅固に守っていた ‘ミョングリャング’だが ‘極限職業’で席が危なげになった。’極限職業’は封切り3日ぶりに100万観客を突破してコメディー映画封切り初日及び1月封切映画オープニングスコアの中で最高を記録した。封切り4日目になる日には200万観客を突破して1月一日最多観客新記録を樹立した。一日の間99万5195人の観客を集めながら91万6652名義 ‘神さまと一緒に-罪と着’ 記録を破ったのだ。以後封切り5日目300万、8日目400万、10日目500万観客を突破して早い興行速度を見せた ‘極限職業’は ‘お正月特殊’をずばり享受しながら本格的な好況を当たった。お正月連休が始まった去る1日から6日まで525万観客を追加に動員して封切り15日ぶりに1000万観客を突破した。お正月連休最多観客保有作である478万9288人 ‘検事外電’ 記録を追い抜いて、お正月連休最多累積観客数1位を取った。このように破竹の勢いで余勢を駆って勝っている ‘極限職業’が歴代ボックスオフィス1位に上がることができるか関心が集中される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747019.htm, 2019/03/04 10:14:45]