粒子状物質も飛ばしたな、ザンマング甲 ‘スーパーショー7S’

EApLVtB_o

最悪の粒子状物質でものしずかな週末、息苦しいつけるにもアラングゴッなくてほこり一杯な蚕室体操競技場を尋ねた少女ファンがいる。応援峰を胸に抱いてさわやかそうに空気をいっぱい吸いこんで力強く足を移す数百、数千名の ‘エルフ'(スーパージュニアファンクラブ)がその主人公だ。3日午後4時ソウル蚕室KSPO DOME(オリンピック体操競技場)で ‘スーパージュニアワールドツアー-スーパーショー7S’ (SUPER JUNIOR WORLD TOUR-SUPER SHOW 7S)が開催された。去る2017年開かれた ‘スーパーショー7’に引き続き1年3ヶ月ぶりに開かれた公演で二日間1万5千余人の観客たち動員していつよりも熱い呼応を導いた。特に今度コンサートは余分の服務を終えたリョウックが初めてメンバーたちと一緒にする初公式日程でファンの期待が特別だった。’スーパーショー’は去る2008年2月初めて始まった ‘スーパージュニア表’ 公演だ。東京を始まりに傷害、バンコク、マニラ、ジャカルタ、クアラルンプール、ロンドン、パリ、サンパウロ、サンティアゴ、ブエノスアイレスなど全世界を回って約20余個都市でファンに会ったことが現在まで累積観覧客が200万人を超えてブレンディングファされた。コンサート全般の演出をメンバーウンヒョックが引き受けてしている途中スーパージュニアの独自のコンサートブランドで生まれかわったのだ。演出とパフォーマンス皆回を繰り返えすほどもっと多様なコンセプトとパフォーマンスを見せてくれているという評価だ。今度 ‘スーパーショー7S’ また去る ‘スーパーショー7’よりもっとふんだんな公演を見せてくれようと努力したメンバーたちの面毎に目立った。’スーパーショー7S’はファンの熱い喊声で始まった。久しぶりに会うスーパージュニアの姿に韓国と中国ファン誰もが熱い涙を流したりした。ファンの涙を眺めるメンバーたちの表情もすまないことと有難みなど多様な感情がしばらく行き交った。パーポーマンスの手始めは全域したリョウックのピアノ演奏が知らせた。やがて正規8集アルバム ‘PLAY’のタイトル曲である ‘Black suit’のダンスがつながって ‘MAMACITA’と ‘SUPERMAN’, ‘お金お金!'(Don’t Don)の舞台がのべつ幕無しに興趣をそそった。久しぶりにウオーミングアップしたメンバーたちの入道そろそろ解けるようにした。全域後ファンを初めて会うリョウックは “韓国でコンサートをするのが初めてだ。とてもときめく”とし “たくさん準備した。後に出る神童、ウンヒョック兄さん(型)の演出を期待してくれ”と頼んだ。リーダーイ特恩 “この前パーティーが完璧だったが、こんなに変えてするからもっと良い。一番素敵な姿であいさつさせていただいたが皆さんも楽しんでくださったら良いだろう”と手前味して特別な話術を誇示したりした。キム・ヒチョルも “皆さんの歌手と同時にスーパージュニアの仲間というのがとても感激的だ”とずるいふざけた言い方を落とした。去るコンサートに引き続き今度公演まで総演出を引き受けたウンヒョックは “今度 ‘スーパーショー7S’のSは毎度他の意味を持つ”とし “アンコールコンサートよりもっと特別な公演をお見せしたかった”と企画意図を明らかにした。引き継いで “少しさえ待てばギュヒョンイが帰って来る。メンバー皆が余分の服務を終わらせれば一緒にする日々が多くなるようだ。あの時まで一緒にしてくれ”と頼んだ。本気が盛られたウンヒョックのお願いにファンは熱い喊声で応えた。つながったソロ舞台ではメンバー個人の魅力を極大化させた選曲が並んで楽しいユニット舞台もつながった。スーパージュニア-Tの ‘ロクゴ!!!’わフィチォルとウンヒョックが一緒にした ‘ナビザム’ 軍隊にあるギュヒョンのための誉声とリョウックの ‘光化門で’ などだった。ユニットグループ ‘スーパージュニア-HAPPY’は ‘パジャマパーティー’と言う(のは)曲で可愛い(?) 動物寝巻きを着てかわいいダンスを踊ったりした。ファンをちょっと負担な姿に笑いを堪えることができなかった。一緒に集まって日本シングルアルバム ‘One More Time’の韓国語バージョンを最初に公開したりした。団体パフォーマンスを始まりにソロ、ユニット、スペシャル舞台まで ‘スーパーショー7S’で公開した曲だけ合計30曲だ。最大限たくさん、そして長い間の時間ファンと一緒に時間を過ごすことに焦点を合わせて舞台を構成したスーパージュニアの努力が覗き見える書き入れ時だ。コンサート末尾、この日公演をギュヒョンが密かに観覧していることをウンヒョックが一歩遅れて知らせてくれもう一度ファンを感動させてサプライズイベントを完成した。最高の席に上がるアイドルグループは毎年誕生する。しかし最高の席に上がった後にもグループを長い間維持して行く人々は珍しい。そしてその難しい事を殊勝にやりこなしているスーパージュニアがここにある。お互いに向けた義理と信頼で15年を一緒にしたメンバーたち。グループを守って多様な試練がなかったのではないがあれほど堅くなったことも事実であるだろう。そしてその時間は言葉で今日の ‘スーパーショー’を作ったかも知れない。それでザンマングスロブジだけ、完璧なスーパーショーは来年にも続くだろうし言葉だ。一方スーパージュニアの公演ブランドスーパーショー’は去る2月ペルー最大の言論社が主催する文化授賞式 ‘Premios Luces 2018′(プレミオルセス2018)で ‘今年のベストコンサート’賞を受賞して人気を立証したことがある。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747002.htm, 2019/03/04 05:00:02]