びっくり結婚発表、人生2幕余はイ・ジョンヒョン

Ueno0tB_o

‘テクノ女戦士’で90年代を風味したイ・ジョンヒョン(40)が来る4月ウェディングマーチを鳴らす。歌手と俳優で存在感を強固にある彼が、もうある男の妻になる人生2幕を予告した。イ・ジョンヒョンは4日自分のインスタグラムに “私が芸能界にデビューしたのもいつのまにか21年になって行く”とし “その間ファンみなさんの大きい愛を感じてもっと熱心に良い作品と音楽でみなさんに報いようと最善をつくしている”と言葉を言い出した。引き続き彼は “永遠に仕事のみを愛するようだった私なのに、不足な私に限りない勇気と借しまず愛を与える、一生一緒にやりたい大事な人に会った”と結婚消息を伝えた。イ・ジョンヒョンは “愛する予備夫は専門職一般人で私どもはお互いに尊重して気配りして第2の人生の幕をあげて幸せに生きて行こうと思う”とし “俳優として結婚後にもっと深い延期でみなさんに報答差し上げることを約束する”と言った。先立ってイ・ジョンヒョンの所属社バナナカルチュアエンターテイメントは報道資料を出して “イ・ジョンヒョンさんが4月7日三歳年下の大学病院整形外科専門医と1年余間付き合いあげく結婚式をあげる”と明らかにした。結婚式は予備夫が一般人であることを考慮してソウル某所で家族と知人だけ仕えて非公開で進行する。1996年映画 ‘花びら’で芸能界に足を入れたイ・ジョンヒョンはドラマ ‘七つのさじ’ ‘野望の伝説’ ‘美しい日々’ などに出演して演技力を押し堅めた。以後1999年歌手でびっくりデビューした彼は正規1集 ‘Let’s Go My Star(レッツでマイスター)’で成功的な申告式を支払った。イ・ジョンヒョンの成功秘訣は破格的なコンセプトにあった。1集タイトル曲 ‘変えて’で彼は未来指向的な服を入庫、小指にマイクを装着して歌を歌った。これをきっかけで ‘テクノ女戦士’と呼ばれたイ・ジョンヒョンは ‘と’でもう一度ヒットをした。イ・ジョンヒョンの歌手歩みは成功的だった。’与えるつもりなの’ ‘及んで’ ‘真似ってみて’ ‘撤収なの愛してる’ など出す曲ごとに成功してイ・ジョンヒョンばかりの独歩的な色を構築した。以後2010年頃イ・ジョンヒョンは歌手活動を中断して方向を変えてまた俳優活動に専念した。中国活動を並行して映画 ‘犯罪少年’ ‘ミョングリャング’ ‘まじめな国のアリス’ ‘スプリット’ ‘軍艦も’ などでまたフィルモグラフィーを積んだ。イ・ジョンヒョンは今年も映画 ‘二度しましょうか'(仮題)と映画 ‘死なない人間たちの夜’ などの封切りを控えている。また映画 ‘釜山行’の続編である ‘半島'(仮題)に出演予定だ。デビュー21年目。歌手、俳優など多様な分野で自分ばかりの色を構築したイ・ジョンヒョンは結婚消息を伝えて人生2幕を予告した。特にいっそうもっと深くなった演技を見せてくれると決心したそのであるだけにこれからどんな姿で大衆と会うか期待を集める。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747102.htm, 2019/03/05 00:00:03]