イ・ソンウォン、’抗拒:柳寛順話’で悪口を言われる理由

Fynh3tB_o

映画 ‘抗拒:柳寛順話’で日本人保安課長岸真太郎役で扮した俳優イ・ソンウォンが特別な存在感で観客たちの人目を引いている。劇の中で岸真太郎は虚構の人物で残忍な顧問を事とする悪役だ。愛されることができる役目ではないが、柳寛順烈士の崇高な心と犠牲的精神 を目立つようにする重要な背を握ったキャラクターだとイ・ソンウォンはためらわないで役目提議が入った時こころよく受諾したと。先立ってイ・ソンウォンは韓国と日本を行き交ってフィルモグラフィーをがっちり積んで来た俳優で映画 ‘アンサンブル’ ‘容赦はない’ ‘愛の賛歌’ ‘実尾島’ などで甘草役目を引き受けながら活躍して来た。映画 ‘抗拒:柳寛順話’でもう一度強烈な姿を見せてくれたイ・ソンウォンがまたどんな作品で盛りだくさんの変化を見せてくれるか人々の目と耳が集中されている。’抗拒:柳寛順話’の撮影を終えたイ・ソンウォンは現在韓国と日本で多様な演劇公演を控えている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747162.htm, 2019/03/05 11:47:39]