‘クイーン’ 船尾、’ヌアル’でチャートオールキル…トップ席守ろうか

RIS52tB_o

‘クイーン’の帰還だ。歌手船尾(26・本名イ・ソンミ)が5日午後6時新曲 ‘ヌアル'(Noir)を公開して正常席巻に出た。そして公開一日ぶりにリアルタイム音源チャート1位に堂堂と名前をあげた。5日、船尾の ‘ヌアル’はメロンを除いた国内6個重要音源サイトであるネイバーミュージック、オルレミュージック、ソリバダ、バックス、ジニー、エムネットリアルタイム音源チャート(午前10時基準) 1位に名前をあげた。公開一日ぶりの記録だ。’ヌアル’は船尾が直接作詞に参加したし作曲もプロデューサーEL CAPITXNと共同で作業した。曲題目である ‘ヌアル’は多様な文化領域で分委奇跡ジャンルに代表されるヌアルと言う(のは)主題を音楽と映像に豊かに解釈し出したという意味を盛った。船尾が ‘ヌアル’でもう一度音源パワーを見せてくれたことは特別な意味を持つ。去る2017年、所属社移籍後 ‘いらっしゃるか’を発表して熱い人気を呼んだ彼が2018年もう一度 ‘主人公’で存在感を強固に押し堅めて2連続興行に成功して去年売り出したミニアルバム ‘サイレン’も同じだった。’サイレン’はリアルタイム、日刊、週刊を問わずチャートを荒して優秀な音源成績を見せてくれたことがある。特に ‘サイレン’の場合、音楽放送6冠王を受賞するなど新しい記録を出したりした。そこに ‘ヌアル’まで公開一日ぶりにリアルタイム音源チャート1位に上がって4連続興行を予感するようにする。ソロ歌手船尾の底力を見せてくれているのだ。3月、船尾のカムバックを始まりにパク・ボムママムホン・ジンヨンなど実力派女性歌手たちがカムバックを控えている。その中船尾の ‘ヌアル’が音源チャートを堅固に守るか時間をかけて見ることだ。一方船尾は初ワールドツアー ‘2019 船尾THE 1ST WORLD TOUR WARNING’の初地域で去る24日盛況裏に開催したソウルコンサートに引き続き1次オープンしたニューヨーク、LA, トロント、カルガリーなど北米4ヶ都市のチケットを売り切れさせて話題を集めた。引き続き他の地域も売り切れ切迫を知らせてメキシコ地域が1次地域に追加されるなど熱い人気を立証している。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747142.htm, 2019/03/05 11:06:07]