クシ・塔・キム・ソンミン・エイミー、麻薬と言う(のは)緋文字

aZbo0tB_o

また麻薬が足首を取った。麻薬疑いで法廷ではクシも結局首を下げながら後悔したが、もう焚く遅れた。有名プロデューサー兼ラッパーであるクシ(KUSH・キム・ビョンフン)が麻薬類管理に関する法律ウィバム疑いに起訴された中に実刑5年が球形された。4日午後、ソウル中央地方裁判所刑事合意35部(部長判事パク南天)の心理で開かれた結審公判でクシに懲役5年に追徴金87万5000ウォンを求刑した。この日検察は球形の理由で “同種全力がなくて犯行を皆自状しているが法廷下限領が懲役5年の点を勘案した”と球形理由を伝えた。先立ってクシは去る2017年11月末から12月初、コカインを二回購入したし三番目購入を試みたが警察に検挙された。彼は2株にわたってコカインを7回投薬した疑いに起訴された。この日クシは最後陳述で “今度仕事があってから本当に大事なのが何なのか分かった”と後悔すると言った。彼は “申し訳ない心を持ってこれから一生この仕事を取り返ししながら暮すことができたら良いだろう”と訴えたりした。クシのようにその間多数のスターが麻薬の誘惑を勝つことができなかったまま、最高の席で一瞬間に那落に落ちる切ない姿を見せてくれたことがある。最悪の場合、生を終えたりしてファンと周辺人に洗うことができない傷と苦痛を残したりする。グループビッグバンのメンバー塔(33・本名チェ・スンヒョン)もマリファナ喫煙でファンに大きい失望を抱かれたことがある。去る2017年、機動警察で服務の中だった塔のマリファナ喫煙事実が一歩遅れて知られて結局塔は職位解除されて社会服務要員で余分の服務を取り替えるようになった。いっしょに懲役10月に執行猶予2年を宣告された。当時彼はマリファナ喫煙事実が知られると余分の服務中、神経安定剤をオーバードースするなど心理的に不安定な姿を見せたりして多い人々の心配を買ったりした。麻薬の誘惑で遂に脱することができなかったまま、結局世を背いたスターもいる。ドラマ ‘人魚お嬢さん’と ‘ワングコッ天女様’, ‘ファンタスティック・カップル’ などに出演しながら人気を呼んだ俳優キム・ソンミンだ。キム・ソンミンは去る2010年12月、ヒロポン密搬入、所持及び常習投薬疑いで緊急逮捕されて拘束された。当時彼は株式投資失敗とショッピング中毒、経済的事情で麻薬に手を出し始めたと知られた。キム・ソンミンはこの事件でジングヒョック2年6ヶ月に追徴金904,500ウォンを宣告されたが、次の裁判で同僚芸能人たちの嘆願書が提出されて執行猶予に釈放された。しかし麻薬の誘惑を勝つことができなかった彼は2015年3月、再び麻薬投与疑いに検挙されて執行猶予期間の犯罪で結局懲役10ヶ月の実刑と追徴金70万ウォンを宣告された。以後キム・ソンミンは重ねて麻薬中毒を勝ち抜けようと努力したが、そうするほど鬱病は持続して2016年6月、夫婦けんか途中ふろ場で自ら生を終えて多くの人々を衝撃に落としたことがある。リアリティ番組 ‘悪女日記’に出演して ‘韓国版ペリスヒルトン’で人気をあつめた放送人エイミーも結局麻薬の誘惑から脱することができなかった。結局彼は韓国で追放される最悪のさげすみを経験しなければならなかった。彼は去る2012年9月、向精神性医薬品であるプロポフォールを濫用したという事実が明らかになって懲役1年型を球形受けたがアメリカ市民権をあきらめると宣言するなど反省する姿を見せて懲役8月執行猶予2年社会奉仕40時間、薬物治療講義受講24時間を宣告されて拘置所で釈放されたことがある。しかし2014年4月、エイミーはゾルピデムを服用して再び非拘束立件された。以後警察はエイミーを非拘束送致意見でゾルピデム服用疑いで裁判に越した。エイミーもゾルピデム投薬事実を大部分認めて裁判所はエイミーに罰金500万ウォンを宣告した。以後、アメリカ市民権者であるエイミーに出国命令が下ろされた。当時エイミーは憲法が定めた原則に惚れる裁量権の逸脱、濫用に当たる過剰制裁を根拠で入って出国命令処分取り消し訴訟を出したが2015年6月5日棄却された。エイミーはアメリカに家と職業、保険もないから韓国で受けた治療も引き継いで行くことができないおくれなさいといいながら出国命令処分取り消しを訴えたが裁判部は “エイミーは出入国管理法が定めた ‘感染病患者、麻薬類中毒者、その他に公衆衛生上のためにをかける心配があると認められる人’にあたる”とし “入出国事務所は憲法に申し立てられた原則と手続きによって出国命令を下げたから違法ではない”と棄却した。そして結局2015年12月30日、エイミーはLAに強制出国されて現在まで帰って来ることができなくて最近肉を太らせてダイエットをする ‘セルフ実験ダイエット’ 映像をあげるとSNSに90kgに迫る自撮りをあげてきらっと注目をひいたことがある。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747109.htm, 2019/03/05 00:00:03]