ユン・ジオ “故 チャン・ジャヨン事件後日常生活不可。..キャスティング不利益も”

YNPe3tB_o

俳優ユン・ジオが故(故) チャン・ジャヨン事件と係わって口を割った。5日午前tbs FM ‘キム・オジュンのニュース工場’にはチャン・ジャヨン死亡10週期に迎え同僚俳優ユン・ジオが出演した。その間匿名でマスコミインタビューに応じた彼はこの日初めて実名を明らかにして顔をあらわした。綸旨来る故チャン・ジャヨン死亡当時同じ会社に属した同僚俳優で、以前から親しく過ごした仲間と明らかにした。綸旨来る放送で “被害者は隠れて加害者は正当なのをもっと見られなかった”とし “証言後日常生活自体が不可能だった”と言った。それとともに “(マスコミの関心のため) 引っ越しもたくさんした。警察の調査自体も遅い時刻に行われ、夜明けに間の赤道ある。参考人身分だった”と付け加えた。引き続き彼は “警察参考人の調査以後言論社車が尾行した”と明らかにした。キム・オジュンは “事件に掛かり合ったその言論社か”と聞くと綸旨来る “当たる”と返事した。綸旨来る “当時車がなくて調査以後警察が車を乗せてくれたが、その言論社の名前の書かれた車が後を付いて来た”とし “警察が交通信号を違反するなど尾行をふるおうと思った”と打ち明けた。キャスティングでも除かれたと主張した綸旨来る “キャスティングにならない状況を体感した”とし “監督様から ‘事件に証言したことと分かっている。キャスティング不可能だ’と聞いて悟るようになった”と言った。チャン・ジャヨンは2009年3月7日実名と差し支えが撮れた文件を残して自ら生を終えた。ドラマPD, 放送及び言論界人士と大企業金融業従事者など31人に性上納を強いられて暴力に苦しんだと実名が盛られたリストを残した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747160.htm, 2019/03/05 11:40:04]