“兄さんばかりある弟いたな”…’王になった男’ 終映、’リメークの良い例’

Zm5Z2tB_o

‘兄さん(型)を飛び越えた弟’.tvN 月火ドラマ ‘王になった男'(シナリオキム・ソンドク、演出キム・ヒオン)が完成度高い演出力と破格的な展開、俳優たちのがっちりしている演技力をもとに ‘兄に勝る弟なし’という昔の諺を果敢に覚めた。’リメークの良い例’という評価を受けながら幕を閉じた ‘王になった男’は視聴者たちに深い余韻を残して去った。’王になった男’ 最終回は自体最高視聴率を記録した。去る4日放送された16回は平均10.9%, 最高12.8%(ケーブル・IPTV・衛星)を記録した。またtvN ターゲット(男女2049) 視聴率も平均4.5% 最高5.4%を記録して私はチャンネル含んで1位に上がった。この日放送では下船(ヨ・ジングの方)が都承旨イギュ(キム・サンギョンの方)の犠牲を足場にして叛軍を押えて治世を堅固にして太平聖代を開く姿が描かれた。下船は “誰もスナッチを私的に貪ってはいけない”と言う信念をあらわして成群の資質を締める宗親気成君(ユン泊分)に選委をしてスナッチで自ら下った。意味を一緒にした小運(イ・セヨンの方)は廃西人を請じて先に出宮したが後に従った下船が対比(チャン・ヨンナムの方)に付いた勢力から襲撃を受けて小運のそばに帰って来ることができなかった。そうしたある日下船を止めどもなく待った小運の前に夢のように彼が現われ、王様とセンター前ではない平凡な夫婦に再会した二人は永遠を約束してハッピーエンドを当たった。このように ‘王になった男’は ‘エンディングおいしい店’という修飾語にふさわしい結末で視聴者たちの満足度を高めた。’王になった男’は千万映画 ‘鉱害’でモチーブを得た作品だ。しかし再創造だとする位原作の敍事を変奏してドラマだけの妙味を生かした。ひいては史劇の通俗的な文法を壊して史劇の新しい地平を開いたという評価も得た。’王になった男’がウェルメイド史劇で上がったところにはキム・ヒオンPDの高品格演出が分け前をした。キムPDは前作である ‘ドンコッ’で実力を認められて彗星のように現われた若い演出家で、豊かなミザンセーヌを十分活用した美しい映像美でまるで一本の映画を見るような感じを与えた。何より最大の好評を催した地点はエンディング演出だ。キムPDは毎回最後の場面、シーケンスの感情を最高値で引き上げた後突然黒い画面で転換させるシグニチュアエンディングで爆発的な余韻をプレゼントした。視聴者たちは ‘エンディングおいしい店’ ‘エンディングミシュラン’という愛称を付けた。’王になった男’は延期穴ないドラマでも呼ばれた。ヨ・ジングは暖かくて正しい性情を持った芸人下船と暗殺の脅威に苦しんでいる途中薬物に中毒されて結局悲劇的な最後に迎えるようになった暴君イホン、両極端のキャラクターを消化して好評を博した。劇後半部には下船が王の威厳を取り揃える姿を聞く流れるように表現し出して視聴者たちを驚かした。イ・セヨンは穏やかな性分の中に堅い内面を抱くセンター前類火運役を纎細に描くうえヨ・ジングとの切ないロマンスでも輝かしくて延期スペクトラムを証明した。キム・サンギョンも自他共認史劇職人らしく ‘主君を毒殺した忠臣’という立体的なキャラクターに説得力を加える演技を披露した。一方 ‘王になった男’ 後続では俳優パク・ジンヨン、シン・イェウン主演の ‘間コメット里あいつ’が放映される。来る11日午後9時30分初放送。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747134.htm, 2019/03/05 10:40:45]