TXT, ‘防弾バン・シヒョク’の精神を受け継いで(総合)

WClv4tB_o

“‘演習だけが生きる方法だ。防弾少年団にもいつも強調する’ バン・シヒョクPD様がしてくださった助言です。先輩たちに誰にならないように熱心にするトゥモローバイトゥゲザーになりますよ。”デビューしてから丸一日。もうちょうど歌謡界に足を踏んだ新人グループだが、話題性はどんなアイドルより熱い。グローバルアイドル防弾少年団に引き続きバン・シヒョクプロデューサーが作ったアイドル、ビックヒトエントテインモントが6年ぶりに公開するボーイグループ、派手な修飾語を皆つけてデビューしたトゥモローバイトゥゲザーの話だ。5日午後ソウル広津区享川面路イエス24 ライブホールでビックヒトエントテインモントの二番目ボーイグループトゥモロー優婆夷トゥゲザー(TOMORROW X TOGETHER, 以下TXT)のメディアショーケースが開かれた。TXT(メンバースビン、アメリカ連邦準備制度理事会、ボムギュ、テヒョン、ヒュニングカイ)のショーケースは金渙アナウンサーが進行を引き受けたしフォトタイムを始まりにデビュータイトル曲 ‘ある日頭で角が育った'(CROWN)の舞台とMC トーク、質疑応答手順に進行された。TXTは音楽とパフォーマンス、コンテンツなど防弾少年団の長所をそのまま受け継いだグループと言う(のは)タイトルを全面に立てた。それでデビューの前から大衆の期待を一身に受けた。おかげさまでもうちょうどデビューした新人らしくなく特別な人気と注目を引いたが、同時に大きい負担を抱いて舞台に立ったことも事実だ。タイトル曲 ‘ある日頭で角が育った’ 舞台は活気とエネルギーがあふれるビックヒトスタイルの振付が人目を引いた。五つ少年の清凉な魅力が強調された群舞と激情的なパフォーマンスを同時に感じることができた。舞台を無事に終えたメンバーたちはちょっと緊張された姿で舞台に上がって初めての挨拶を渡した。一番先にマイクを握ったメンバーはリーダースビンだ。彼は “デビューをするようになってとても嬉しくて震える”とし “バン・シヒョクPD様は ‘いつも演習だけが生きる方法だ。直接舞台に立つようになれば演習がどうして重要か分かるようになるんだ’といつも強調した。その言葉を憶えながら熱心にするTXTになる”と新人らしい覚悟を押し堅めた。TXTの末っ子ヒュニングカイは “TXTの可愛い末っ子ヒュニングカだ”と愛嬌ある初めての挨拶を伝えた。彼は “バン・シヒョクPD様はチームワークを強調した。私どももメンバーたちの間にチームワークをよく押し堅めて良いグループになる”と覇気あるように言った。デビューと同時にミュージックビデオ照会数千万ビューをふらりと越したTXTだ。これと関した所感も聞くことができた。ボムギュは “ニュースにだけ見ている席に座っているからとても震える”とし “デビューすることと同時に良い成績まで得るようになって感謝するだけだ。同時に少しは過分だという気がする”と所感を伝えた。引き継いで “デビューを待ってくれたファン、ビックヒトエントテインモント家族たち、現場にいらっしゃる記者様たちに感謝するという話を必ず言いたい”と謙遜にあいさつしながら首を下げた。デビュー前から ‘防弾少年団弟(妹)グループ’と呼ばれたTXTの本音も聞くことができた。歌謡界にもうちょうど立ち入った五つ少年に恐ろしいことで感じられた修飾語だ。このために憂慮する視線も少なくなかった。リーダースビンは “敢えて私たちがそれほど呼ばれても良いか知れないが、ただ感謝するだけだ”とし “しかし期待が大きい位心配も多かった”と率直に打ち明けた。といえども “先輩たちの名声に絶対押すかけない。最善をつくして熱心にする”と覇気ある覚悟を伝えた。TXTのデビュータイトル曲 ‘ある日頭で角が育った'(CROWN)はトレンディなシンスポップ(Synth Pop) ジャンルで、思春期に入った少年の成長痛を ‘角’という独特の単語で表現した曲だ。ある日急に頭で角が湧いて混乱するが、私と違いながらも似ているあなたに会ってときめいて胸がときめき始めるという内容だ。五人メンバーの魅力的で盛りだくさんのボーカルと感覚的な歌歌詞、粋なサウンドが調和を成す。以外にも ‘Blue Orangeade’は私と正反対である人との出会いを補色対比で新鮮に解いた曲だ。ハルシ、セレーナ・ゴメス、カミラカベですなど世界的なアーティストたちと作業したヒューチャー里スティクス(The Futuristics)がプロデューシングした ‘Our Summer’は友情と冒険を一緒に楽しむことができる象徴的時間と空間を歌う。メンバーたちのモムブルラップ(Mumble Rap)が目立つ ‘Cat & Dog’は誰かに出会いで生ずる内面の変化を歌う曲だ。トラップリズムの上にマリンバメロディーが加わって可愛い雰囲気を演出する。’別意昼寝’はエレキギター演奏に上げられた五人メンバーの美しいハーモニーを感じることができるソフトモダンロックだ。節制された楽器構成とメンバーたちの纎細な声が会って感性を極大化した。ソニョンミをいっぱい含んだ五人メンバーたちはデビューアルバムを通じてシンスポップ、ヒップホップ、ソフトモダンロックなど多様な音楽ジャンルをトレンディなスタイルに再解釈した。本格的な活動を始めたTXTは多様な舞台でエネルギーにあふれてユニークなパフォーマンスを見せてくれるという覚悟だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747205.htm, 2019/03/05 16:49:52]