‘サバハ’ イ・ジェイン “坊主頭、私が直接押しました”

va8s7tB_o

演技だけよくするかと思ったら言葉も上手だ。どんな質問もふりをすれば尺だ。かなりの大人よりも言葉が上手でびっくりするほどだ。よく言う ‘事情ある顔’ 後に選り分けられた反転魅力を持った彼は最近忠武路の新しい宝石に急浮上した俳優イ・ジェイン(15)だ。先月27日ソウル鍾路区八判洞一カフェで映画 ‘サバハ'(監督チャン・ゼヒョン)に出演したイ・ジェインに会った。短いショートカットをして、黄色いシャツを着た姿はボーイの時した魅力を精一杯漂った。映画で見せてくれた長いストレート髪の毛の物静かな金貨の姿はなかった。”事情ある顔という音はたくさん聞いたが元々性格は明るい方です。運動することも好きで、サッカーをすることも好きです。’サバハ’ 取る時髪をそったが、あの時かつら使ってサッカーをするためにすごく大変だったんです。ハハ。”思いがけない話だった。イ・ジェインは ‘サバハ’で金貨役だけではなく双子お姉さんである受賞した存在 ‘それ’まで1人2役を務めて演技した。劇中 ‘それ’ははげ頭に眉毛もないのにイ・ジェインはキャラクターのために坊主頭闘魂をしたというのだ。”オーディションボールの時から坊主頭ができる上げたんです。たくさん心配したが思ったより恐ろしかったり悲しくなかったです。むしろ私が頭を直接押したんですよ。私が送ってくれなければならないと思いました。暮しながらたくさんやってみることができる経験ではないから既往削るの私が削ってみると言ったんです。眉毛小麦の時は心配をちょっとしたが、すぐ育ってティーはあまり出なかったんですよ。ハハ。”思春期時代、盛んに趣に敏感な時期イ・ジェインは果敢だった。後悔もなかったと。彼はただ配役のためなら喜んでしなければならないと思った。事実 ‘サバハ’で金貨と ‘それ’は決して易しくないキャラクターだ。映画自体が難しかったりして、キャラクターが一般的な状況に置かれた人物ではないから幼い彼が消化するには難しい部分が多かったはず。イ・ジェインはチャン・ゼヒョン監督のおもしろくて抽象的な説明が助けになったと言った。”監督様がデーレックティングをおもしろくするでください。チャットアプリケーションをつけてかおもじを見せてくれながら ‘今金貨がこんな感情ではないか?’というふうに説明してくださったんです。おかげさまで感情をよく導き出すことができたようです。褒め言葉もたくさんしてくださって負って熱心にしました。”イ・ジェインが ‘サバハ’のシナリオをもらったことは小学校6年生の時だった。幼い年齢にシナリオを完全に受け入れやすくなかったが、イ・ジェインは金貨のポイントを取って忽ち理解をするようになったと言った。”金貨が双子お姉さん ‘それ’に持つ感情と金貨年齢にだけ感じることができる混乱する心、神さまに対する恨みなどに一番先に焦点を置きました。私の宗教家キリスト教なのに信義存在に対しても考えをしてみたことあるんですよ。そんな面にポイントを取って、監督様の説明を聞くから少しは行くことが来たんです。理解細くないのは無条件聞きました。”イ・ジェインがキャラクターに関する話をする姿を見ていようとするとかなりのベテラン俳優劣らなかった。キャラクターをよく理解して演技したと言うのがそのまま感じられた。彼は映画全般的なことに対して多い関心と愛情を持っていた。分かってみればイ・ジェインは映画演出にも関心が高いと言う。”普段ジャンルを問わず映画見るのを好きです。俳優たちの演技を見てこんなカメラ角度では ‘こんなに演技しなくちゃいけない’と考えもして、ストーリーを見ながら演出的な剃り思います。俳優もしたいが監督にも挑戦したい意向があるんですよ。延期だけではなく多様な部分を注意深く見れば演技する時も私のできる幅が広くなるんじゃないか。”同じ年齢友達が盛んに学校と学院を行き交って進学、進路に対して心配する時イ・ジェインは映画に対する夢を育てて行っていた。友達と違い進路に対する心配はないが勉強に対するストレスがなければ嘘だそうだ。”延期と学業を並行していると一方が疎かになることが恐ろしかったりします。とにかく間に勉強をしなければならないと思って逃さないように努力します。点数が勝手に中出てくれるだけです。ハハ。一番難しい科目は当然数学です。応用が多いでしょう。それでも進路に対しては搖れることがないから心配はないです。”最近イ・ジェインのすべての日常は ‘サバハ’ 中心に帰る。先月末からSNS(ソーシャルネットワークサービス) 始めたがそれも映画広報のために作るようになったの。現在居住中の原州をしばらく去ってソウルで一人きり生活するが ‘サバハ’がよくできていてただ嬉しいというイ・ジェインだ。”元々SNSは上手ではない方なのに広報に役に立ちたいという考えをしました。そうしている途中SNSを始めました。私が少しでも助けにならないかと思うからです。最近動画サイトやポータルサイトでも ‘サバハ’を常に検索して捜してみます。人々反応がどうか、また人ごとにどうやって受け入れるのかなどをよく見ます。最近そんな楽しさで一日一日を送っています。(笑い)”イ・ジェインは ‘サバハ’に発掘された宝石みたいな新人俳優だ。映画界では彼の延期実力を置いて口コミが持ちきりだ。そんな関心が負担でもあって、ぎこちないのにイ・ジェインはただ平気だ。”私はそのままずっと学んで行く中です。そのように進みたくて。他の多い役目を会ってみて経験して勉強して行く過程が私の演技にも役に立つんじゃないか。自分を発展させるのだから。いつも努力する俳優になりたいです。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747222.htm, 2019/03/06 05:00:02]