‘ナ・フナ後援’ 歌手協会、和合を歌う時だ

hE8q8tB_o

ナ・フナの大韓歌手協会(以下歌手協会) ‘3000万ウォン後援金’ 消息が伝わった後歌謡界内外で穏かな反響がおこった。彼が長年の沈黙を壊して後輩歌手たちと ‘びっくり校監’韓日は ‘やはりナ・フナらしい’と言う好評につながった。それもそのはずなのがナ・フナは歌手協会と距離を置くような歩みを見せて来たやけどして同僚歌手たちまでも顔を見にくい位読者歩みをかけて来たからだ。ナ・フナは南進とともに70年代以後男歌手で大韓民国歌謡界を両分して来た両大湿す。当事者たちが願っても願わなくてもふたつの歩みは比較されるしかない。南進が親近感ある ‘若いお兄さん’ イメージで放送によく出演したことと違いナ・フナはずっと神秘主義を固守して単独公演中心に活動して来た。その上に2017年11月カムバック舞台に帰って来るまで11年間空白を持ちながらベールに隠された。そんな彼がせっかく同僚歌手たちと席を一緒にして歌謡界に送った倹しい愛情表現とメッセージは注目を引くしかなかった。ナ・フナは歌手協会に3000万ウォンを寄託した後外部口出しをしないように頼んだ。歌手協会が財政的困難を経験するという消息を伝えて聞いて気経に心を使ったことだが、純粋な意味が色焼けされることを願わなかったからだ。食事を一緒にした9人の後輩歌手たちも初めには分からなかった。◆ 歌謡界、”反目葛藤の歴史終わらせるためには団合された結束力見せてくれるべき” 一声歌手協会は去る2006年歌手たちの権益を主唱して新しく誕生した親睦団体だ。南進が初代会長を務めた以後ソン・デカンテジナが後を引き継いだ。この時までは皆歌謡界元老と重鎭が合意推戴する姿で席を任せた。合意推戴という意味を通じて歌手たちの和合と団合を越して家族の意味を著しく表わしたが副作用もあった。力強いリーダーシップや責任感よりは顔のマダム性格が濃かった。南進(招待) ソン・デカン(2台) テジナ(3代~4台)のバトンを受け継いだ5代歌手協会長選出は比較的若い歌手たちが主軸になった選挙で行われた。2015年放送会館で進行された投票は協会スタート後初めて候補間競争構図(キム・フングクvsイン・スニ)に進行されて耳目をひいた。両側皆多様な公約を先に立たせてそれぞれ支持する同僚歌手たちが賛助演説まで出るなど新しい選出職会長に対する期待が大きかった。初選挙で当選したキム・フングクは不幸にも一番重要な徳目であらなければならない会員たちの間の結束力を一つで縛るのに失敗した。むしろ任期期間の間反対勢力の息づかいに搖れた。会員間の告訴告発の不名誉も記録した。キム・フングクは “誰を咎める前に力量不足を先に痛感する”と前提した後 “ただ信じて待ってくれるどころか毎事案ごとに代案なしに無条件反対ばかりする風土が惜しかった”と本音を打ち明けた。◆ ‘利子年号’ 歌手協会、相変らず冷ややかな視線の中ナ・フナ後援金全部ビッバレがスヒョブフェは会員たちどうし多い葛藤とネホングを経験した後非常対策委が立てられるなど最悪の恥ずかしい状況が演出されて結局原点に回って行った。つかを握った元老たちが出たが、期待しただけ徳望ある対象者を尋ねることができないと歌手イ・ジャヨン方へ方向を振った。自薦他薦挙論されて来た一部歌手たちは泥田闘狗けんかに立ち込めたくない差し置いたりした。ノンプロフィット団体である歌手協会の首長は無報酬名誉職だ。非常対策委がイ・ジャヨンを単一候補で推戴したことは協会に特別な色がないというのがむしろもっと大きく作用した。個人の能力やリーダーシップよりは論難や紛乱を最小化する方を選んだわけだ。長く役員で協会に携わったという点外に史上始めて ‘女子歌手会長’という象徴性がそれさえも分け前をした。歌手協会は去年10月以後スタート6ヶ月目に迎えた。しかし切なくも協会を眺める視線は相変らず行き違う。59年社団法人で認可受けた歌手協会は61年韓国芸能協会の分科に配置されてから47年ぶりに新しい旗印をかけて走って出て再誕生した。その間何回軋轢と反目を繰り返えした歴史が言ってくれるように、何より同僚歌手たちの心から一つで統合になると権益保護のための足をネディッをことがある。生まれかわるためには今でも誰か内外で傷ついた歌手たちの心を撫でてあげる必要はある。◆ ‘半分’ 後援会、専任会長キム・フングクが個人資格に送った花輪だけドンググロニがスヒョブフェは去年年末ソウル江南のあるホテルで後援会を兼ねた和合の集まりを持った。イ・ジャヨン新任会長スタート後初公式行事で期待を集めたが大多数歌手たちが背けながら ‘半分’と言う(のは)非難を避けることができなかった。イ・ジャヨンを推戴した非常対策委出身外に歌手たちと言う見ると執行部役員たちが大部分なので事実上知人の集まり性格が濃かった。専任会長の中には南進ソン・デカンがやっと席を輝かしただけだ。テーブル一つ(500万ウォン)を丸ごと後援した一一般人参席者は “真正な仲直りの姿を見せてくれるためには憎くてもきれいでも直前会長と握手を交わす場面はなければならなかった”と一喝した。筆者も参加したこの日後援会長入口には ‘招待にあずかることができなかった’ キム・フングクが個人資格に送った花輪だけ見窄らしく置かれていた。利子年号も内部の葛藤と反目の歴史で一歩も進むことができなさを見せてくれた書き入れ時だ。2019年度もう万物が冬眠で覚める驚耶を当たっている。歌謡界の巨木であるナ・フナが ‘永遠なライバル’ 南進が初代会長で活躍した歌手協会に後援金を寄託して歌謡界発展と和合のための手助けを突き出した。反目と葛藤の冬眠で覚めることができない歌謡界も長い間の ‘外面の視線’をおさめて ‘トングクン歩み’で後輩たちを抱えたナ・フナの深い意味を一度推し量ったらと思う。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747246.htm, 2019/03/06 09:01:08]