ユン・ジオ、10年去る話…どうして捜すかと言う(のは)彼らに

GQ8e6tB_o

‘今になって何の真実告白?正義具現すごいね’いわゆる ‘南草サイト'(男性ユーザーの割合が高いサイト、あるいはそんな性向が強いサイト)だと呼ばれるオンラインコミュニティにユン・ジオと係わる記事がリンクされると走ったコメントの中で一つだ。チャン・ジャヨンが世を背いてからもう10年になった。これを置いて誰かは ‘いつ的チャン・ジャヨンなのか’とビウッギもする。しかしある人はすべてのものをかけるとしても10年前無惨だった当時の事件を ‘敢えて’ 言及してチャン・ジャヨンを忘れない声を高める。理由はただ一つ、事件の当事者チャン・ジャヨンは去ってないが、事件の真実は10年が去る今も明らかにならなかったからだ。チャン・ジャヨン死亡10週期の5日午前、俳優ユン・ジオがtbs ‘キム・オジュンのニュース工場’に出演した。チャン・ジャヨンのような所属社で俳優の夢を育てて実の姉妹のように勤めたという綸旨来るこの日 故 チャン・ジャヨン事件と係わって直接見て経験した話を率直に打ち明けようと難しく席に出た。現在カナダに居住している綸旨来る “真実を明らかにするために帰って来た。加害者たちが堂堂と暮すことを見ながら悔しいという気がした”と韓国に帰って来た理由を明らかにした。この日ユン・ジオの話核心はチャン・ジャヨン死亡当時、警察の調査のミフブハムだった。催眠の調査など多様な13回にわたって調査にまじめに臨んだにもかかわらず自分の主張が全然受け入れられなかった部分に強い疑問を抱いていた。綸旨来るチャン・ジャヨンが死亡した後数えきれなく警察の調査を受けたし取材陣にも執拗な取材要請を受けたと言った。身近の脅威を感じるに値することもたくさんあった。証言を言ったという理由でキャスティングも不利益を受けて結局俳優の夢をあきらめなければならなかった。チャン・ジャヨンのために証言したが、警察の調査過程で調査官に無視されたりあざ笑うことを暮すことがたくさんあった。サルアセングゾンチャン・ジャヨンがセクハラされた場面も直接目撃したと言って人目を引いた。綸旨来る調査当時 “一言論社に勤めた前職記者祖母さんが酒席でチャン・ジャヨンをセクハラしたことを直接見たと一貫されるように述べた”とし “私の記憶の中人物は一番(回)も繰り返し変更されたことがない。しかしその頃21歳の私が感じるにも捜査がとても不実に行われて当時写真の中人物には組(某言論社前職記者) さんがいなくて指目することができなかった”と説明した。引き継いで “ただ一番(回)指目が間違ったことがあるが、またしゃんしゃんしていた。その後に一貫されるようにその方を指目した”とし “名刺のためエラーがあったが、私の頭の中人物はいつも等しかった”と付け加えた。彼は間自分の指目した人物が処罰されなかったことを悔しがる姿だった。現在ユン・ジオの指目した人物は裁判を受けているが疑いを全面否認している。綸旨来るこれと関して “(栗さんは)私を初めから見たことがないと主張する。私は法廷でも私が目撃したそのまま証言して当時にも13番(回)も繰り返して言った部分だが、栗さんがチャン・ジャヨンをセクハラする場面を目撃した”と付け加えた。この日ユン・ジオの放送が出た後、彼の勇気ある行動は幾多の応援のコメントにつながった。一方いくつかのオンラインコミュニティでは放送に出演したユン・ジオの ‘目的性’に疑問を持って責めたり誹謗レスにつながる場合も易しく目撃することができた。学んだユン・ジオの過去が最大の非難の理由だった。放送をきっかけでもう一度俳優に再起する足場を作ることではないかと言うんだ。二番目理由は最近チャン・ジャヨン事件を素材で本を出して作家に登壇した彼が本を売ろうと放送に出演して ‘遅い告白’をしたということ。10年前、ユン・ジオにチャン・ジャヨンは俳優という夢を一緒に構えて実の姉妹のように勤めたお姉さんだ。そんなお姉さんの苦痛を横で守って見なければならなかった21歳社会初年生。お姉さんの悔しい死後、真実を明らかにするために熱心に努力したが、帰って来るのはあざ笑うこととキャスティング不利益だけだった。結局彼が手に握ったのとは親しい仲間との別離と崩れた夢だけだった。その頃ユン・ジオが感じた絶望感は彼を韓国ではない他国で追い払う決定的な理由になった。しかし10年が去る今、綸旨来る韓国にまた帰って来てもう一度勇気を出してチャン・ジャヨンに対して話している。彼を憶えて応援する人々を見て控え目に解くことは希望のためなはずだ。”被害者が息を殺して加害者が正当なのがくやしい”はユン・ジオ。彼に向けて ‘目的性’を話すのが果してチャン・ジャヨン事件の真実が明らかにならない今、’目的性’にふさわしいことか考えてみなければならないじゃないか。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747226.htm, 2019/03/06 00:00:02]